【聖火リレーあれこれ】1日80人から90人、121日間で1万人が参加予定 最年長ランナーは118歳(スポーツ報知)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:スポーツ報知

東京五輪の聖火リレーは25日、福島・楢葉町、広野町のサッカー複合施設「Jヴィレッジ」でスタートする。聖火リレーは全国47都道府県859市区町村を周り、約1万人のランナーが121日間をかけ、7月23日に東京・国立競技場で行われる開会式に向けてつなぐ。

 ◆聖火リレーあらかると

 ▼参加人数 1日80~90人、121日間合計約1万人

 ▼走行自治体 全国47都道府県の49.2%にあたる859市区町村

 ▼リレー時の服装 ユニホームとしてシャツ(長袖または半袖)、ズボン(長ズボンまたはショートパンツ)を支給。ユニホームは白地で胸に五輪聖火エンブレム、背中に五輪マークをプリント。左肩から右脇腹にかけて、タスキをイメージする赤いラインが入っている。着用後は記念品として持ち帰ることが可能。靴は各自準備

 ▼1人あたりの走行距離 約200メートルを約2分かけてゆっくり走る

 ▼走る以外も… 日本泳法(広島市、大分県臼杵市)、輓馬(ばんば、北海道帯広市)など地域の特色を生かしたリレーも

 ▼伴走 ひとりでの走行が困難な場合、介助者1人の伴走のほか盲導犬、聴導犬と一緒に走ることも可能

 ▼禁止事項 ユニホーム以外の着用や持ち込み。はだし、げたでの走行。走行時の自撮り。アクセサリー等に関しては制限される場合も

 ▼最年長ランナー 世界最高齢の田中カ子さん(118)が福岡県内で参加予定。参加資格は、誕生日が2008年4月1日以降

 ▼トーチ 世界的デザイナー・吉岡徳仁さんが桜をモチーフにデザイン。東日本大震災の復興仮設住宅のアルミ廃材が使用され、長さ71センチ、重さ1.2キロ。ランナーは1本7万1940円で購入可能

【広告】


コメントは受け付けていません。