【フィリーズレビュー】AIは穴狙い 高配の使者はエルカスティージョ(SPAIA AI競馬)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:SPAIA AI競馬

3月14日(日)に阪神競馬場でフィリーズレビューが行われる。桜花賞に駒を進めるのはどの馬か?

【金鯱賞 2021予想】デアリングタクト参戦!過去データから見る信頼度は?(SPAIA編)

AIの本命は伏兵エルカスティージョ。同馬はロードカナロア産駒だが、過去3年の阪神芝1400m(内)で勝ち星は14勝とトップの数字。勝率も10%を超えておりかなり優秀。今回ロードカナロア産駒は他にスティクスもいるが、こちらは勝ち上がるのに3戦を要したので嫌われたようだ。また、エルカスティージョの鞍上、岩田康騎手は昨年このレースを5番人気のエーポスで制しているのも好材料。そこまで人気もないだろうし狙ってみて損はない。

対抗以下はポールネイロン、ララクリスティーヌ、アンブレラデート、ヨカヨカと続く。

【AI予想エンジンKAIBA】
◎エルカスティージョ
○ラヴケリー
▲ララクリスティーヌ
△アンブレラデート
×ヨカヨカ

《KAIBAとは?》
独自に開発した競馬予想AIエンジンである。過去数十年分のレース結果、競走馬、騎手、調教師、コース情報やタイム、天気や馬場状態など、ありとあらゆるレースに関する膨大な情報をAIが自動で学習し、予想をする。 これらの予想を元に、回収率を重視した買い目、的中率を重視した買い目を推奨する。

【広告】

プロアスリートも愛用


コメントは受け付けていません。