最高配当額は16,110円 「複勝高額払い戻し」「ジョッキー信頼度」ランキング(SPAIA AI競馬)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:SPAIA AI競馬

「これが来たら原付買うんだ!」笑いながら知り合いが複勝万馬券を1,000円分購入。その馬券には「メイショウアキヒメ」と書かれていた。確か当時の彼女の名前が「アキちゃん」理由は恐らくそれだけなのだろうが、そんな馬券が的中してしまうのだから競馬は恐ろしい。

【フィリーズレビュー 2021最終予想】枠順であの馬が大ピンチ!?(SPAIA編)

2013年6月2日、JRA史上複勝払戻金ランキング第6位の高額配当を目の前で見る事になった。冗談のつもりで言いふらしていた結果、その的中馬券は原付ではなく、アキちゃんのブランド品に姿を変え、赤字になっていた事を私は知っている。

複勝高額配当ランキングを振り返ってみると第1位は2010年6月26日、福島競馬場の芝1200mで行われた3歳未勝利戦で記録された「16,110円」である。波乱の立役者ヴィヴィアンはデビュー戦で単勝235.1倍、このレースでは単勝374.0倍の最低人気。明らかに新馬戦とは違った手応えで中段に位置し、上がり一番時計を記録する大激走。前走では1.4秒しか負けておらず、新潟左回りから福島右回りに変わって気配一変でJRA記録をうちたてた。

第2位は2012年7月28日、小倉競馬場のダート1700mで行われた唐津特別(3歳以上500万円下)でクリーンイメージが記録した「14,390円」となった。デビュー戦こそ2着だったがその後低迷し、園田競馬へ一度移籍し中央再転入。2桁着順を並べていたが2秒以上は離されておらず、大きな着順で人気の面で嫌われた形となっていた。

第3位は2012年3月25日、阪神競馬場のダート1800mで行われた3歳未勝利戦でトゥルーフレンドが記録した「14,080円」となった。デビュー戦では3.8秒離されて負けていたが、前走では1.8秒差まで一気に前進する内容でこのレースで穴をあけた。

第4位は2016年10月22日、新潟競馬場のダート1200m戦で行われた3歳以上500万円下でシアワセデスが記録した「13,620円」となった。園田の交流戦で勝ち上がり昇級した本馬。1戦ごとにタイムを詰め、前走では15頭中11着と大敗も0.8秒差までタイムは詰めていただけに人気の盲点となっていた。

第5位は2009年1月11日、京都競馬場のダート1400m戦で行われた3歳未勝利戦でディアトゥドリームが記録した「12,280円」となった。芝1600m戦のデビュー戦で2.1秒離された本馬が2戦目のダート戦で一変し大激走。波乱を演出した。

複勝で大波乱を演出する馬の多くが「前走で着順ほどタイム差が離れていない」というケースがベスト5以外でも多々見受けられた。複勝で人気薄を狙う場合は「前走で2.0秒未満の敗戦馬」であれば思わぬ高配当を演出してくれるかもしれない。

次に重賞に限定するとどうだろう。過去に複勝万馬券は出た事がなく、下記の様な結果となった。

・第1位 「8,500円」2015年ヴィクトリアマイル ミナレット
・第2位 「7,670円」1989年エリザベス女王杯 サンドピアリス
・第3位 「7,620円」2005年ガーネットS エンゲルグレーセ
・第4位 「6,410円」2019年高松宮記念 ショウナンアンセム
・第5位 「6,210円」2008年秋華賞 プロヴィナージュ

サンドピアリスを抑えて第1位となったのは、3連単で2度も2000万馬券の立役者となった経験のあるミナレットだった。

【広告】

JRA重賞予想配信サービス

商品名「ザ・シークレット・ホース」

毎週レポート形式で重賞を深く考察し、

激走の可能性の高い穴馬をあぶり出します。

詳しくはこちらをクリック

↓   ↓   ↓

 

 只今特典レポート付

  1)「サルでも分かる!血統入門」

  2)「サルでも分かる!南関競馬穴の十カ条」

  3)「競馬新聞徹底比較」

  4)「サルでも分かる!血統メモ 2011秋・速報追加版」

コメントは受け付けていません。