【阪神大賞典】アリストテレスは能力値1位も気になるのは?(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

芝3000m戦の阪神大賞典は長距離適性が求められる。実際に過去10年の連対馬20頭中10頭に、前年~同年の芝3000m~3400mの重賞で連対実績があった。

【阪神大賞典・スプリングステークス 2021予想】データ上はアリストテレス1択だが…?(SPAIA編)

今年、該当するのは昨年の菊花賞の2着馬アリストテレスと昨年の阪神大賞典の覇者ユーキャンスマイルだ。昨年のダイヤモンドSで3着馬に8馬身差をつけた、新興勢力のグロンディオーズやオーソリティが不出走となれば、前記2頭が上位人気に支持されるのも当然のこと。

しかも、アリストテレスは菊花賞でコントレイルとマッチレースを演じており、同世代では最もコントレイルを脅かした存在。先週の金鯱賞のデアリングタクトやグローリーヴェイズのように、スタミナが不足する休養明けの馬は、道悪になるほど取りこぼしが目立つが、アリストテレスは不良馬場の前走AJCCで人気に応えており、ここでは能力値、最高値ともに1位だ。

しかし、「不良馬場で好走」というのは危険もともなう。2012年のルーラシップも不良馬場のAJCCを勝利し、続く日経賞では断然の1番人気に支持されながら3着に敗れている。

不良馬場での好走、善戦は消耗度が高く、次走で疲れを残しやすいことを忘れてはいけない。それにここを勝たなくても天皇賞(春)に出走できる立場であるのも事実である。

【広告】

馬券術

【コンピ・ワン・イズム】

1点で勝とうよ!

投資成功率82.4%の

馬券術【コンピ・ワン・イズム】

コメントは受け付けていません。