【プロレス・デビュー戦列伝】スーパールーキーKENSO、いざリングへ! 2000年1月4日(BBM Sports)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:BBM Sports

選手の誰もが経験するデビュー戦。のちにトップ選手へと駆け上がった選手たちの初々しい姿をお届する。元ラグビー日本代表のスーパールーキー、KENSOがプロレス界での一歩目を踏み出した。

【画像】明大ラグビー部時代の鈴木健三はこちら

 2000年1月4日、新日本東京ドーム大会で「スーパールーキー・デビュー戦」と銘打たれ、鈴木健三(現・KENSO)がデビューした。

 KENSOは明治大学ラグビー部時代、大型ロックとして活躍。1995、1996年と2年連続で大学日本一に輝き、1997年には日本代表チームの一員に選出された、まさにスーパールーキーだ。

 対戦相手は1999年G1覇者であり、IWGPタッグ王者の中西学。北尾光司、小川直也に次ぐ東京ドームデビューという破格の待遇を受けたKENSOはブレーンバスターの掛け合いで先手を取るなど見どころは作ったが、最後はアルゼンチン・バックブリーカーでギブアップ負け。

 中西もスーパールーキーとしてデビューした。KENSOはその道の先人に厳しさを叩き込まれて、プロレスラーとしての第一歩を踏み出した。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。