4連勝で好調の大阪エヴェッサ、中2日で迎えるレバンガ北海道戦を総力戦で乗り切りたい(バスケットボールキング)

出典元:バスケットボールキング

■大阪エヴェッサvsレバンガ北海道(@おおきにアリーナ舞洲)
第1戦:3月20日17時5分 第2戦:3月21日17時5分

「B.LEAGUE MASCOT OF THE YEAR 2020-21」が19日から開催、3連覇のジャンボくんは殿堂入り

 チャンピオンシップ進出圏内の西地区3位につける大阪エヴェッサが、レバンガ北海道と今シーズン初めて対戦する。

 大阪はバイウィーク明けの前節、三遠ネオフェニックスを退けて4連勝を飾った。その内3勝は得点源の橋本拓哉を怪我で欠いたが、ディージェイ・ニュービル、アイラ・ブラウン、ギャレット・スタツがチームをけん引。1試合平均95.7得点のうち、3人で60パーセント以上の得点をたたき出す。平均失点は90点近くに及ぶが、主力不在をハイスコアゲームで押し切っている。

 一方、北海道は東地区最下位を抜け出せないが、9連敗の苦しい時期から立て直しの兆しを見せている。ここ3戦はリードされても我慢し、試合終盤に粘り強いディフェンスができるようになってきた。平均失点が70点を下回っていることも、その成果と言えるだろう。特に前節、広島との第2戦では4クォーターに30得点したことはもちろん、リバウンドで相手を上回り、ジャワッド・ウィリアムズの好守も光って8失点に抑えたことが逆転勝ちにつながった。

 今節、大阪は中2日での戦いになる。疲労も懸念されるだけに、総力戦で乗り切りたい。出場した9人全員が得点を挙げて、個々の役割を果たした前節のような戦いを再現できるか注目だ。対する北海道は、相手の強烈なオフェンスを食い止めることができるか。結果次第では最下位脱出も見えてくるだけに奮起したい。

文=大橋裕之

■ロスター
・大阪(ヘッドコーチ:天日謙作)
伊藤達哉
エリエット・ドンリー
土屋アリスター時生
角野亮伍
藤本巧太
駒水大雅ジャック
高島紳司 ※特別指定
中村浩陸
橋本拓哉 ※インジュアリーリスト
合田怜 ※インジュアリーリスト
ディージェイ・ニュービル
アイラ・ブラウン
遠藤善
ギャレット・スタツ
ジョシュ・ハレルソン

・北海道(ヘッドコーチ:宮永雄太)
橋本竜馬
ジョーダン・テイラー
牧全
葛原大智
中野司
多嶋朝飛
ファイ・パプ月瑠
桜井良太
玉木祥護
内田旦人
山口颯斗 ※特別指定
ニック・メイヨ
ジャワッド・ウィリアムズ

【広告】



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。