島根が信州の猛追を振り切り連敗脱出、ビュフォードが両軍最多の21得点(バスケットボールキング)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「大志」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:バスケットボールキング

3月21日、松江市総合体育間ではB1第27節第2戦が行われ、4連敗中の島根スサノオマジックは信州ブレイブウォリアーズと対戦した。

信州が延長戦の末に島根を撃破、ホーキンソンが28得点の大活躍

 第1クォーター島根は、リード・トラビスやペリン・ビュフォードを中心に攻め、18-9で終えた。続く第2クォーターでは、やや重い展開となるも、ビュフォードが粘り強く得点し、33-21で試合を折り返した。

 第3クォーターでは信州のジョシュ・ホーキンソンとウェイン・マーシャルに攻められ、一時リードは4点に。しかし、デモン・ブルックスが勝負どころで得点し、49-38で最後の10分間へ。

 最終クォーターでは、山本エドワードやホーキンソンの3ポイント攻勢に苦しみ、残り4分51秒時点で57-56と点差は1点に。それでも、ビュフォードと北川弘が連続して3ポイントシュートを沈め、残り2分45秒時点で66-58と再度リードを拡大する。残り1分15秒には、ニカ・ウィリアムスがダンクを沈め、リードを安全圏に持ち込み、最終スコア70-60で、島根が第1戦のリベンジを果たした。

 勝利した島根は、ビュフォードがゲームハイの21得点、10リバウンドで“ダブルダブル”を達成した。

■試合結果
島根スサノオマジック 70-60 信州ブレイブウォリアーズ(@松江市総合体育館)
島根|18|15|16|21|=70
信州|9 |12|17|22|=60

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。