琉球がホームで広島を連破、日本人選手が攻守に活躍(バスケットボールキング)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:バスケットボールキング

3月21日、沖縄市体育館ではB1第27節第2戦が開催。地区優勝へのマジックを「」としている琉球ゴールデンキングスが広島ドラゴンフライズと対戦した

琉球が広島に20点差の完勝、クーリーが22得点14リバウンドの“ダブルダブル”

 第1クォーター琉球は、堅守で9失点に抑えると、攻めては田代直希が3本の3ポイントシュートを沈め、9得点をマーク。攻撃をけん引し、23-9とリードして終えた。第2クォーターでも、船生誠也と牧隼利を中心に相手を上回る24得点を積み上げ、47-28で試合を折り返した。

 19点リードで迎えた第3クォーターでは、オフェンスが停滞。その間、アイザイア・マーフィーに8得点を許してしまい、62-49で最後の10分間へ。最終クォーターでは、一時6点差まで積み上げられるものの、田代が要所で3ポイントシュートを沈め、相手に逆転を許さず。最終スコア81-71で、琉球が地区優勝へのマジックを減らした。

 勝利した琉球は、田代と今村佳太がそれぞれ14得点、岸本が13得点をマークし、日本人選手の活躍が光った。

■試合結果
琉球ゴールデンキングス 81-71 広島ドラゴンフライズ(@沖縄市体育館)
琉球|23|24|15|19|=81
広島|9 |19|21|22|=71

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。