【センバツ】具志川商が2回に4点先取 八戸西との21世紀枠対決 両校ともに春夏甲子園初出場(スポーツ報知)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:スポーツ報知

◆第93回センバツ高校野球大会第3日 ▽1回戦 具志川商―八戸西(22日・甲子園)

 具志川商(沖縄)と八戸西(青森)の21世紀枠対決。先取点を挙げたのは具志川商だ。

 2回1死、比嘉の左前安打と知名の中前安打で二、三塁のチャンスを演出すると、上原が中前に2点タイムリー。続く伊波も中前安打で続き、八戸西の守備の乱れにも乗じてこの回4点を先取した。

 ともに春夏甲子園初出場とフレッシュな戦い。なお2001年大会から設けられた21世紀枠同士が初戦で当たるのは、これが3度目だ。13年大会1回戦の遠軽(北海道)3―0いわき海星(福島)、16年大会1回戦の釜石(岩手)2―1小豆島(香川)と、いずれも東北勢が絡んでいる。

 21世紀枠校の最高成績は01年の宜野座(沖縄)と09年の利府(宮城)の4強。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。