【金鯱賞】デアリングタクトに全幅の信頼は置けず 開幕週の馬場で逆転可能な馬とは?(SPAIA AI競馬)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:SPAIA AI競馬

3月14日(日)に中京競馬場で行われる金鯱賞 (GII・芝2000m)。出走頭数は10頭とやや少なくはなったが、今年緒戦を迎えるデアリングタクト、キセキ、グローリーヴェイズ、ペルシアンナイトのGI馬を筆頭に、例年以上の好メンバーが顔をそろえた。

【金鯱賞 2021予想】デアリングタクト参戦!過去データから見る信頼度は?(SPAIA編)

そんななかでも昨年の三冠牝馬デアリングタクトが抜けた人気を集めているようだが、馬券で狙うべきは果たしてどの馬なのか。今週もデータを踏まえて検討していこう。はじめに、3月の中京開催で施行されるようになった過去4年の傾向を分析する。

冬季に開催されていた頃は、典型的なローカル重賞とメンバーレベルに大差がないこともしばしばあったが、春季に開催されるようになって様相が一変。ここ3年はスワーヴリチャード、ダノンプレミアム(2着リスグラシュー)、サートゥルナーリアが制しており、久々でも有力馬たちがきっちり結果を残すのがひとつのパターンとなっている。そういう意味で大きな波乱は起こりにくい条件と考えるべきかもしれない。

レースの質という点では、特に近3年は手頃な頭数に収まっていることもあり、スローの上がり勝負が続いている。さらに開幕週(2020年のみ1回中京6日目に施行)という条件も重なって前残りが頻発しており、逃げた馬は17年ロードヴァンドール(7人気2着)、18年サトノノブレス(8人気2着)、20年ダイワキャグニー(6人気3着)としばしば穴をあけている。伏兵サイドが番狂わせを起こすためには、とにかく先手を取る必要があるものと心得ておきたい。

【広告】

令和元年

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントは受け付けていません。