沢村拓一が休日返上で実戦形式の練習に登板「打者の反応を見ながら投げられた」(スポーツ報知)

【広告】漢方ハーブシャンプー

・抜け毛や薄毛が気になる方

・黒々と健康的な毛髪を維持したい方

髪のphをコントロールし、

頭皮のオイルバランスをキープする

漢方のハーブシャンプー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)

出典元:スポーツ報知

レッドソックスの沢村拓一投手(32)がオフデーの18日(日本時間19日)、フロリダ州フォートマイヤーズのキャンプ施設で、実戦形式の練習に登板し、味方打者を相手に2イニングを投げ、4連続三振を奪うなど、課題の修正に進歩をみせた。

 新天地で苦悩するルーキーに必要なのは、休日返上の実戦形式登板だった。コーラ監督らが見守る中、打者6人に対して安打性の打球はゼロ。イニングをまたいで4者連続三振を奪った。

 「ストレートに関しても、スプリットに関しても、思い通りに投げきれたところまでは達していないが、感覚的には前回登板(15日のレイズ戦)よりいいし、打者の反応を見ながら投げられたことは良かった」と沢村。これまでOP戦2試合は、ともに2/3回KOで防御率13・50と苦戦。球速96マイル(約154キロ)の豪腕ぶりを披露する一方、制球難を露呈した。この日は、スプリットを決め球とした最後の打者以外は、スライダーを勝負球に三振を重ねた。

 前回登板でも効果的だったスライダーはこの日も好調で、「スライダーでカウントを取れたり、勝負球として使えたのは収穫かなと思う」と手応えを得た。開幕まで2週間。前日17日はブルペンで投球練習を行い、この日は実戦形式の練習。「いろいろなところに慣れて、試して、吸収していかないと。もっと、打者に対して投げて、自分の技術としていかないといけない」と猛ピッチで調整を進める。打者に投げ込むことで、感覚は更に磨かれていくはずだ。

【広告】

市場最安級の月額料金3,609円で使えて、

最大32,000円キャッシュバック! 

市場最強にお得なWiMAX2+はこちら




コメントは受け付けていません。