【バレー】ファイナル3進出へ WD名古屋がホームでパナソニックにリベンジ誓う〈V1男子見どころ〉(月刊バレーボール&月刊バスケットボール)

出典元:月刊バレーボール&月刊バスケットボール

V・レギュラーラウンドも残り2週となったバレーボールのV.LEAGUE DIVISION1 MEN(V1男子)。日本代表選手はもちろん、世界トップレベルの外国籍選手も多く在籍するV1男子の、今週の見どころをご紹介。

【写真】WD名古屋で躍動する世界屈指のオポジット、バルトシュ・クレク ジェイテクトの福山汰一ら活躍に期待の選手たち

 今季は、V・レギュラーラウンドの上位3チームがV・ファイナルステージに進出できるため、3位以内を目指すチームが最後まで熾烈な順位争いを繰り広げている。

 そのV・ファイナルステージでは、まずV・レギュラーラウンド2位チームと3位チームによって「ファイナル3」が行われ、その勝者がV・レギュラーラウンドの優勝チームと「ファイナル」を戦う。つまり、優勝を目指すには、V・レギュラーラウンドを首位通過し直接ファイナルを目指すか、3位以内に入りファイナル3を戦うか、いずれかの方法しかない。

 首位通過を果たしファイナルへ駒を進めるのは、高い勝率(0.93)で首位を走り続けるサントリーサンバーズか。それとも、2位(勝率0.81)でサントリーに食らいつくパナソニックパンサーズか。首位通過の可能性が残されている両チームの戦いぶりは必見だ。

 また、ファイナル3進出を巡る順位争いも継続中。すでにサントリーサンバーズのファイナル3進出が確定しているため、残る枠は2つ。この2つの枠を勝ち取るため、進出の可能性を残すパナソニックパンサーズ、ウルフドッグス名古屋、ジェイテクトSTINGSが、今週も負けられない一戦に挑む。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ。


コメントは受け付けていません。