新体操日本代表 26日から五輪延期後、最初の国際大会へ 主将・杉本「練習を出し切りたい」(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

新体操日本代表「フェアリージャパンPOLA」が18日、オンラインで取材に応じた。

 26日から、東京五輪の延期決定後、最初の国際大会となるW杯ソフィア大会に出場。五輪金メダル獲得に向け作られた、ボールの“超高難度プログラム”をお披露目する予定だ。主将の杉本早裕吏(25)=トヨタ自動車=は「絶対緊張すると思うので、まずその緊張を楽しみたい。久しぶりに皆様の前で踊れるのはすごく幸せなこと。結果はどうであれ、自分たちが今まで積み上げてきた練習を出し切りたい」と意気込んだ。

 また個人は東京五輪の予選を兼ねている。喜田純鈴(20)=エンジェルRG・カガワ日中=は「去年1年間、海外の試合がなくて、その間に成長している部分がある。試合で発揮できたら点数もついてくると思うので、評価して頂けたら」と話した。

【広告】

スノーボードウエアの激安・通販

モデルが作った激カワスノボウェアで

ゲレンデ注目の的



コメントは受け付けていません。