五輪開会式・侮辱演出問題で橋本聖子会長が記者会見「ショックを受けた」「不適切で大変遺憾」 演出家・佐々木宏氏の辞意を受理(スポーツ報知)

【広告】漢方ハーブシャンプー

・抜け毛や薄毛が気になる方

・黒々と健康的な毛髪を維持したい方

髪のphをコントロールし、

頭皮のオイルバランスをキープする

漢方のハーブシャンプー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)

出典元:スポーツ報知

7月23日の東京五輪開会式で、出演予定者のタレント・渡辺直美を豚と見立て「オリンピッグ」と演じさせる不適切な演出プランがあった問題で、東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長(56)が18日、都内で記者会見を行い、総合統括の佐々木宏氏(66)の辞意を受理したと発表した。

 問題が明るみになった17日夜に国際オリンピック委員会(IOC)幹部と緊急会談。18日未明に佐々木氏から謝罪文と辞意を受けたと説明した。橋本会長は一部週刊誌の報道を受け、「女性蔑視とも受け取れる報道があり、組織委として記事について事実関係の確認を進めてきました。記事の見出しを拝見し、私としてもショックを受けておりました。発言は不適切であり大変遺憾と考えていたところでありました」と話した。

 女性蔑視発言で引責辞任した前会長・森喜朗氏の後任となってからこの日で1か月。橋本会長は「私は会長就任の際に国民の信頼回復に努めるべくジェンダー平等の推進を重要施策の1つに掲げて今日に至るまでスピード感のある実行に努めておりました。このような出来事はあってはならないことだと思っております」と話した。

 佐々木氏からは「昨晩に電話と謝罪文で辞意を伝えられた。正式な辞意がありましたので佐々木氏の判断を重く受け止めた。ご本人の辞意はかたく、また組織委がジェンダー平等の推進を重要施策として掲げている以上、辞意を受け入れることとした」と説明した。

 後任人事については「早急に進め大会開催に影響のないように進めていきたい」とし、「開幕も迫っているが、今夏の安全最優先の大会を開催して、開閉会式においても世界中の多くの方にスポーツの素晴らしさ、東京、日本の魅力、多様性と調和の重要なメッセージを届けたい事に変わりは無い」と話した。

【広告】



工事費無料で、

商品券最大15,000円もついてくる!

コメントは受け付けていません。