殿堂入りを望むドレイモンド・グリーンへ指揮官が発言「彼を測るベストな方法は…」(バスケットボールキング)

出典元:バスケットボールキング

3月14日。ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンが、『NBC Sports』へこんなことを話していた。

東京オリンピックの男子アメリカ代表候補者57名が発表…ザイオンやヤングがリスト入り

「俺はこれからも築き上げていく。まだ終わっちゃいない。まだ(引退するまで)何年か残っているからな。できればもっと経歴にいくつか加えていきたい。そして俺は、本当に殿堂入りしたいんだ。それは確かだ。バスケットボールをプレーするうえで、殿堂入りすることは間違いなく最高の栄誉の1つだからな。どんなスポーツであれ、殿堂入りすることはすばらしいことなんだ」。

 2012年のドラフト2巡目全体35位でウォリアーズ入りしたグリーンは、198センチ104キロというパワーフォワードとしては小さな身長ながら、持ち前のオールラウンドなスキルとあふれんばかりのエナジー、ヴォーカルリーダーとしての能力を遺憾なく発揮してウォリアーズの主軸の1人としての地位を確立。

 ステフィン・カリー、クレイ・トンプソンと共に強固な核を形成し、スティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)の下で5年連続のNBAファイナル進出を果たし、3度の優勝を経験。グリーン自身は5度のオールディフェンシブチーム選出、3度のオールスター入りを飾っており、17年には最優秀守備選手賞にも輝いている。

 スモールボールではセンターを務めつつ、プレーメイクもこなす万能ぶりを発揮し、今季はここまで32試合に出場して平均5.9得点6.0リバウンド8.4アシスト1.4スティールと、オールラウンドな成績を残している。

 するとカーHCは今年の殿堂入り最終候補に入ったベン・ウォーレス(元デトロイト・ピストンズほか)を比較対象に挙げて、グリーンの殿堂入りについて同メディアへこう話していた。

「私は(ウォーレスが)ディフェンス面で与えたインパクトが、デトロイトのチャンピオンシップ獲得(04年)を助けたと思っている。ベンはリーグ史上最も偉大なディフェンシブプレーヤーの1人になった。彼の働きが勝利へと導いたんだ」。

 ウォーレスはドラフト外から実績を積み上げ、オールスター選手へと成長。通算4度のオールスター選出に加え、5度のオールNBAチーム入り、6度のオールディフェンシブチーム入りを果たし、最優秀守備選手賞を歴代最多タイとなる4度も受賞。

 04年のピストンズ優勝は、チャウンシー・ビラップスやリチャード・ハミルトン、ラシード・ウォーレス、テイショーン・プリンス(いずれも元ピストンズほか)といったスターターの活躍が不可欠だったが、あのチームのハート&ソウルは間違いなくベンであり、強烈なインパクトをもたらしていた。

 ウォリアーズで3度の優勝に大きく貢献したグリーンは、チームのトップスコアラーでもなければ、リバウンド王やアシスト王になったこともない。だがカーHCはグリーンについてこう話す。

「ドレイモンドはポイントフォワード、ポイントセンターのような選手であり、ものすごくユニークな選手。彼の貢献度を測るベストな方法はスタッツじゃない。どれだけ勝利にインパクトを残しているかなんだ」。

 現役選手たちのうち、引退後に殿堂入りが約束されているのは、レブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)やカリー、ケビン・デュラント(ブルックリン・ネッツ)などそう多くはない。

 その中で、グリーンはウォリアーズのスモールボール成功の重要な部分を占めており、ヘルプやカバーディフェンスで強烈な存在感を示してきた。今後、優勝回数を増やしてさらなる功績を加えることとなれば、十分殿堂入りに値するキャリアを送ることができるのではないだろうか。

【広告】

ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?



ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?

あなたは「第九」や「歓喜の歌」と呼ばれる曲の

作曲した人を、ご存知でしょうか?

「第九」は年末にもよく合唱などで歌われていて

有名なクラシック曲なので、ご存知の方も多いでしょう。

この曲は、“楽聖”つまり、“きわめてすぐれた音楽家”と呼ばれる

ベートーヴェンが晩年に完成させた名曲です。

正式名称を「交響曲第九番」と言います。

この、偉大な音楽家が作曲した、

世界中で愛されているこの名曲を、

あなたも今すぐ、ピアノで弾いてみましょう!!

・音楽経験なんてまったくない!

・指をスラスラ動かせない!

・そもそも、楽譜が読めない!

そんなお悩みも、まったく問題ありません。

楽譜が読めなくても、憧れのピアノは弾けます!

しかも、たった30日で。

⇒「本当に!?信じられない!」という方は、
まずこちらの映像をご覧ください。

通常、ピアノ教室に通うとまず行うのが、

楽譜の暗記です。

楽譜は英語のように、普通の生活では、

使わない記号が盛りだくさんです。

ですから、まずその記号を覚え、楽譜の読み方に慣れないと
なかなか曲をスラスラ弾けません。

ですから、はじめて曲を1曲弾けるまで「3カ月かかった」

なんて話もよく聞きます。

そんなに時間がかかるなんて・・・

と驚いてしまったあなた、

お気持ちよくわかります。

もっとカンタンに、早く、楽しく、ピアノを

弾けるようになれたら、嬉しいですよね。

そこで、楽譜に“あるもの”を足すだけで、誰でもすぐ、

楽譜をスラスラ読めて、曲に挑戦できる方法があります。

一体何かわかりますか?

楽譜は、普段使わない記号を使うから難しいのです。

例えば、小学生がまだ習っていない漢字を

いきなり読むのは難しいですよね。

でも、その漢字にもし読み仮名があったら、

ひらがなさえ知っていれば、スラスラ読めると思います。

これと同じで、楽譜も、普段使うものを足すだけで、

カンタンにスラスラ読めるようになるのです。

つまり、あなたが普段使っている「フリガナ」と「数字」を使えば、

見てすぐ楽譜を読んで、曲に挑戦できるでしょう。

今回ご紹介するピアノ上達レッスンでは、

この“画期的な楽譜”を使って、すぐに曲を弾くことができます。

短期間でピアノが弾ける!“特別な楽譜”の見本をぜひ一度、ご覧下さい。
⇒見てすぐ弾ける楽譜のヒミツを知る!

しかも、すごいのはそれだけではありません。

このピアノ上達レッスンの講師の先生がすごいです。

現役のピアニスト兼、ピアノ教室の講師の

【 海野 真理 】先生です。

指導の経験が豊富な海野先生は、レッスンのプロ中のプロ。

そのレッスンは順番待ちができるほど大人気です。

そんな大人気ピアノ講師のレッスンを自宅で

好きな時間に好きなだけ受けられます。

本格的で、わかりやすいレッスンを自宅で受けられる!

というピアノレッスンは大好評で、

ついに受講者は5,000人を突破しました!!

⇒気になる海野先生のピアノレッスンはこちら。

憧れのピアノを思い通りに弾きこなせた瞬間、

心の底から感動を感じることでしょう。

それだけではありません。

ずっと弾いてみたかった、大好きな曲にも、

ドンドン挑戦できるでしょう。

大好きな曲を弾けたときの喜びは、

さらに格別です。

家事の合間のちょっとした時間に、

食後のひと時に、ピアノを奏でる。

そんな憧れのひと時を今すぐ手に入れませんか?

 ⇒試しにピアノレッスンを見てみる

しかも、今だけ!

★さらに追加であの名曲が弾ける!

通常の練習曲にプラスして【3曲】分も弾ける

初心者向け“楽譜”をプレゼント中です。

はじめてでも安心の、弾くコツがすぐわかる。

先生の解説と模範演奏が入ったCD付き!

憧れの名曲をすぐに弾けるこの特典は、期間限定です。

ぜひ、お早めにご確認下さい。

 ⇒只今のプレゼント曲はこちら

コメントは受け付けていません。