【ラグビー】ウェールズが宿敵倒し欧州6か国対抗3連勝! イングランド2敗目で連覇は厳しい状況に(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

ヨーロッパの強豪6か国が競うシックスネーションズは、現地時間2月27日に第3節の2試合がおこなわれ、開幕から2連勝していたウェールズ代表が地元カーディフのプリンシパリティスタジアムでイングランド代表を40-24で下し、暫定首位に浮上した。
 前年王者のイングランド代表は1勝2敗となり、連覇は厳しくなった。

 ウェールズは前半15分、敵陣22メートルライン内、ポスト正面近くでPKを得ると、相手の一瞬の気のゆるみを見逃さなかったSOダン・ビガーがショットではなく左へキックパスを放ち、それをダイレクトキャッチしたWTBジョシュ・アダムズが両チームを通じて最初のトライを決めた。

 29分にもテンポよく攻め、アダムズがディフェンス裏にキックで転がし、それに反応したWTBルイス・リースザミットはボールを確保し損ねたものの、ノックオンの判定はなく、ルーズボールを拾ったFBリアム・ウィリアムズがフィニッシュ。TMO(テレビジョン・マッチ・オフィシャル)でトライが認められた。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。