【ラグビー】先行販売のための登録スタート! RWC2023チケット販売概要発表。最高額チケットは約17万5千円! 最安価は約1万8千円ナリ。史上最多の260万枚を発売へ。(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

2023年ワールドカップの先行販売は「ラグビーファミリー」登録から。3月4日、日本時間夜にワールドラグビーの会見があり、同大会のチケッティングが発表された。

【画像】チケッティング、今後の予定チャート

 開幕まで約2年半という段階で、メディア向けにリモートで発表された、2023年フランス大会でのチケット販売。

 予選プール組み合わせ抽選、試合日程の決定に続き、これまでの大会より早い段階での発表となった。

 今取れるアクションはチケット先行販売の対象者となる「ラグビーファミリー」への登録だ。

 3月4日正午(以下、全てフランス現地時間。日本時間より8時間遅れ)から13日の午後11時59分まで、ワールドカップの公式サイトで行うことができる。

 登録者は、15日正午から4月5日午後6時まで先行販売チケットの購入が可能。

 大会スポンサーであるマスターカードで決済を行う登録者は、15日正午から17日午後8時までの間、優先購入権を与えられる。

 一般販売は、4月6日午後6時(夏時間導入時期の為、日本より7時間遅れ)に開始される。

 2019年日本大会でも好評だった「試合会場パック」、「チームパック」の販売も行われる予定。日本代表の予選プールでの4試合パックは、カテゴリー4席で185ユーロ(約2万4千円)。

 最も高価なパックは、開会式付きカテゴリー1のフランス代表パックで、1355ユーロ(約17万5千円)。

 現時点で最も安価なパックはスコットランド代表のカテゴリー4席で、140ユーロ(約1万8千円)。

 試合会場パックにも値段の傾斜がつけられており、値段は試合の興行価値によって決められているという。

 チケットの総数は260万枚で、日本大会での180万枚、2015年イングランド大会での247万枚を上回り、史上最大の規模となる。

 また、フランス大会ではE-チケット制が導入され、チケットの違法売買や詐欺などへの取り締まりも強化される。

 注目は、料金の3回までの分割払いや、複数の購入者による割り勘を可能にした新しい決済の仕組み。特に理由のないキャンセル時にも70%の返金を保証するなど、大会史上最大数のチケットを売り切るため、さまざまな工夫が見られる。

 会見では、「我々独自のクリエイティビティを駆使し、フランスらしい素晴らしい大会にする」と誇らしげな笑顔を見せた、“フランス2023” クラウデ・アーチェCEO。すべてのチームに、試合ごとに5日間以上の休息日を担保し、その結果、大会期間も史上最長の51日間となる。大会登録選手枠もこれまでの31から33に拡大され、2023年フランス大会は文字通り史上最大規模の大会となる。

 日本大会で「一生に一度」の体験をしたファンたちにとっては、今から2年半後のフランスが楽しみで仕方がないだろう。

(文:竹鼻 智)

【広告】

JRA重賞予想配信サービス

商品名「ザ・シークレット・ホース」

毎週レポート形式で重賞を深く考察し、

激走の可能性の高い穴馬をあぶり出します。

詳しくはこちらをクリック

↓   ↓   ↓

 

 只今特典レポート付

  1)「サルでも分かる!血統入門」

  2)「サルでも分かる!南関競馬穴の十カ条」

  3)「競馬新聞徹底比較」

  4)「サルでも分かる!血統メモ 2011秋・速報追加版」

コメントは受け付けていません。