東京オリンピック代表監督に森保一氏が就任…サンフレッチェ広島では3度のJ1制覇(GOAL)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

日本サッカー協会(JFA)は12日、2020東京オリンピックに出場するサッカー男子日本代表チームの監督に森保一氏が就任することを発表した。

森保氏は長崎県出身の47歳。2012年にサンフレッチェ広島の監督に就任すると、2季連続でJ1リーグ優勝を達成。2015年にも3度目となるリーグ制覇を果たしたが、今季は開幕から不振が続き、7月に退任していた。

森保氏は、五輪代表監督への就任に際し、以下のようにコメントした。

「このたび、東京 2020 オリンピックに出場する代表チームの監督に選出されましたことを大変光栄に思います。2020 年は地元開催ということから、重責を感じるとともに身の引き締まる思いでおります。監督としてタスクは大きく二つあります。一つはもちろん成績です。日本サッカーが長足の進歩を遂げた今、オリンピックもワールドカップも出場することが目標の大会でなく、そこでトップに食い込むことが使命になっています。ですから、目指すところは当然、メダル獲得です。「日本サッカーの父」と言われたクラマーさんの教えの通り、「大和魂」を胸に最高峰の舞台に臨み、世界に「日本サッカー」の名を轟かせたいと考えています」

コメントを残す