【バレー】近畿クラブスフィーダと千葉ZELVAが優勝を争うリーグ最終戦<V3男子見どころ>(月刊バレーボール&月刊バスケットボール)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:月刊バレーボール&月刊バスケットボール

新型コロナウイルスの影響で、トヨタモビリティ東京スパークルとアイシンティルマーレがリーグの参加を辞退しているバレーボールのV.LEAGUE DIVISION3 MEN(V3男子)。4チームで順位を争うリーグも、いよいよ今週が最終戦となる。

 今週は、千葉に4チームが集う。各チームが残り試合を2戦とする中、現在の順位は、1位近畿クラブスフィーダ(3勝1敗)、2位千葉ZELVA(3勝1敗)、3位クボタスピアーズ(1勝3敗)、4位奈良ドリーマーズ(1勝3敗)と、上位2チームに優勝の可能性が残る展開になっている。

 首位を走る近畿クラブは、ベテラン選手と大学生の融合で奮闘。勝利を重ねている。今週はクボタ、千葉との対戦を控えるが、初戦のクボタ戦で勝利をおさめて千葉との上位対決への流れを作りたいところ。

 V3男子アタック決定率ランキングでトップを走る中西武琉(近畿大在学中)の決定力も武器に、優勝への道を切り拓けるか。中西と同じく、近畿大に所属しながらVリーグでも活躍を見せる、セッター中野倭の巧みなトスワークにも注目だ。

 2位につける千葉ZELVAは、初日に奈良と対戦。2日目には、近畿と優勝候補同士の戦いを迎える。まずは、前回ストレート勝利を飾った奈良との一戦をしっかり勝ち切りたいところ。そして、1レグでは敗れた近畿に、最終戦で一矢報いることができるか。

 前回の対戦では近畿の攻撃力に押される形となった千葉。高田晋作や村松俊輔らの得点力を生かし、今週は序盤から優位に試合を進めていけるか。今季再びVリーグに参戦し活躍を誓うチームの、優勝への強い気持ちが、最後に形となって表れることに期待したい。

【広告】



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。