【金鯱賞】三冠牝馬デアリングタクト登場!データが導く逆転候補は?(SPAIA AI競馬)

出典元:SPAIA AI競馬

かつてサイレンススズカが、圧倒的なパフォーマンスを披露した金鯱賞。その頃は初夏、ヤマカツエースがわずか4カ月間で連覇したのは暮れと春。その2勝目の2017年から大阪杯の前哨戦になった。

【弥生賞ディープインパクト記念 2021予想】ダノンザキッドを破る馬はいるのか?(SPAIA編)

春に移ってわずか4年。舞台は同じであっても施行時期が変われば、傾向もまた変化する。そのためサンプル数が少なく、データとしての有効性を担保できない恐れがあるため、今回は中京芝2000mの傾向を探っていく。なおデータは改修後の2012年以降、古馬3勝クラス以上、計37レースを対象にする。

まず中京芝2000mは急坂の途中からスタート、1、2コーナーから向正面残り1000m標識付近までゆるやかにのぼり、そこから直線入り口まで一転してくだり、最後の急坂を迎えるというレイアウト。前半のぼり、後半くだり、最後に急坂とアップダウンへの適性が重視される。

そういった構造のため前半のペースは遅く、後半早めにペースがあがるラップになりやすい。裏を返せば、前半で先行馬がやり合い、厳しい流れになれば最後に追い込みが決まることもある。出走馬の顔ぶれから前半の流れを吟味する必要がある。

では具体的な傾向を。1番人気【12-4-5-16】勝率32.4%、複勝率56.8%は、同条件の1200m(勝率23.8%、複勝率50%)、1400m(勝率13.3%、複勝率53.3%)、1600m(勝率14.3%、複勝率50%)と比べると、かなり優秀。

ちなみに中京芝全体では勝率28.4%、複勝率52.1%である。デアリングタクトは安泰か。だが、2番人気【4-6-7-20】勝率10.8%、複勝率45.9%、3番人気【4-3-2-28】勝率10.8%、複勝率24.3%と2番人気以下は開きがある印象。上位人気で3着以内独占というケースは少ない。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。