【AI予想回顧】ダイヤモンドSは3連複的中 GIフェブラリーSの結果はどうだった?(SPAIA AI競馬)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:SPAIA AI競馬

先週末はGIフェブラリーSを含む4重賞が行われた。AI予想エンジンKAIBAはどのような予想をしたのか、そして結果は的中となったのか振り返っていく。

【競馬永久保存版】単勝が一番儲かる馬券!?回収率UP ローリスク・ハイリターンな買い方(1/2)

2021年のJRAでのGI開幕戦となったフェブラリーSでAIが本命に推奨したのは、4歳馬のカフェファラオ。同舞台で行われた昨年のユニコーンSでは、後続に5馬身差をつける圧巻の走りを見せている点、昨年のGI、1番人気馬では連対率90.9%と驚異的な成績を残したルメール騎手ということからも、逆らうことはできないと見たようだ。

対抗には初のマイル戦という不安要素はあるものの、前走の根岸Sで差し切り勝ちを見せたレッドルゼル、以下アルクトス、ソリストサンダー、インティとなっていた。

ワイドファラオとエアアルマスを行かせて、3番手のインという絶好のポジションからレースを進めたカフェファラオ。その後ろにアルクトス、中団後方にレッドルゼル、ソリストサンダー、インティという隊列。スタートしてから2ハロン目が10.8、3ハロン目が11.4だった以外は極端に速くなることなくレースは流れていった。

この展開になれば、カフェファラオにとって理想の形。残り200mでエアアルマスを交わして単独先頭に立った後、外からエアスピネルに迫られたものの、脚色は最後まで鈍ることなくそのまま押し切って勝利。

勝ちタイムは1:34.4、過去10年の良馬場で行われたフェブラリーSと比較しても抜けて速く、ダート界の新チャンピオンにふさわしい走りだったと言えるだろう。しかし予想は2着エアスピネル、3着ワンダーリーデルを軽視しており、的中とはならなかった。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。