【中山記念】3連勝中のヒシイグアスには不安要素あり 「内」と「前」では決まらないレース(SPAIA AI競馬)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「大志」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:SPAIA AI競馬

2回中山開幕週に行われる中山記念は、1回中山開催で8日間使用されたCコースからAコースに変更される。このためグリーンベルトが発生し、馬場が高速化することが多い。今回は金曜日の段階でクッション値12.1。これは昨秋の中山開催初日のクッション値11.2を上回る硬さで、超高速馬場が予想される。こうなると内枠の逃げ、先行馬を狙いたくなるが、案外とそう簡単でもないことも多い。これは中山芝1800m自体がタフなコースだからだろう。

【阪急杯 2021最終予想】インディチャンプ 、 ダノンファンタジー に待ったをかけるかもしれない馬とは?(SPAIA編)

特徴としては、最初の1角までの距離が約205mと短く、スタートしてすぐに急坂を上がって行くコースのため、前半のペースは遅くなる。しかし、上級条件、それもGI馬や将来のGI馬が集う中山記念ともなると、前が後続にまくられないように向正面の下り坂でスピードに乗せて動いて行くため、ラスト5F目からペースアップすることが多い。この早仕掛けがたたって前が失速し、外差しが決まることも少なくない。

今回は逃げ馬バビットに、テンの速いトーセンスーリヤ、パンサラッサ、ウインイクシードなど、前に行きたい馬がそれなりに出走している。内枠の逃げ、先行馬は有利ではあるものの、そこにこだわり過ぎないように、予想を組み立てたい。

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

恥ずかしいほどに




コメントは受け付けていません。