2ヶ月のブランクを経て、ディアバレー2連戦で絶対王者が復活(J SPORTS)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「専心」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:J SPORTS

パンデミックが続くなかで、'21季のモーグルW杯は2020年12月中旬以来の長いブランクを経て、2月4~5日のディアバレー(アメリカ)での連戦で再開となった。
この空白期間は、選手たちにとって、“ハイシーズンに約2ヶ月近くも集中的に雪上トレーニングができる”という異例のチャンスであったものの、しばらくレースがないことでモチベーション維持が難しいシチュエーションともいえた。
また、すでに中止が発表されていた3月の秋田たざわ湖大会2戦に加え、2月中にカルガリー(カナダ)で予定されていた2戦もキャンセルとなってしまったことを確認しておきたい。そのため、今季のW杯は2020年内に北欧で行われた3戦、ディアバレーでの2戦に加え、3月14日のアルマティ(カザフスタン)で行われる最終戦DMの計6戦という、例年の半分程度となる少ない大会数となった。
一方で、明るいニュースもある。中国で予定されていたフリースタイルスキーの世界選手権は、一旦キャンセルが発表されたが、アルマトイが代替地として名乗りを挙げ、3月8~11日に開催されることになったのだ。
MOは3月8日、DMは9日に行われる。つまり、W杯最終戦と併せてアルマティでの3連戦が、今シーズンのクライマックスとなる。

【広告】


コメントは受け付けていません。