松坂桃李がポンコツに!? 夢も覇気もないダメ男演じる 麻生久美子と井浦新 は“2人1役”でヒロインに(中日スポーツ)

出典元:中日スポーツ

俳優松坂桃李(32)が、4月スタートのテレビ朝日系ドラマ「あのときキスしておけば」(金曜午後11時15分)で主演を務めることが2日、分かった。松坂は失敗ばかりのスーパーの従業員で、夢も覇気もないダメ男を演じる。これまでさまざまな役柄を演じてきた若手実力派の松坂が、自身最もポンコツなキャラクターをどのように表現するのか注目だ。

 今作は恋愛ドラマの名手・大石静さんが脚本を担当するラブコメディー。ポンコツで不運な32歳独身の桃地のぞむ(松坂)は出世・恋愛願望もなく、唯一の趣味は家で漫画を読むこと。桃地が恋する漫画家・唯月巴を麻生久美子(42)が演じる。巴は事故で帰らぬ人となってしまうが、“見知らぬおっさん”に魂が乗り移り桃地の前に現れ「モモチ、私が巴なの」と衝撃の告白をする。おっさんである清掃員・田中マサオ役に井浦新(46)。姿はおっさんだが、中身は女性という難役に挑戦する。

 日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞するなど、確かな演技力で幅広い役を演じてきた松坂も「台本を読んだ時、これは新しいジャンルの作品だ。予測のつかない面白さが生まれる気がしました。正直、一体どういうことなんだろう?と何度も読み返しては読み進める、そんな本でした」と驚いた様子。そして「井浦さん演じる田中マサオと麻生さん演じる唯月巴を桃地として全力で愛していけたらと思っています」と語った。

 麻生は“二人一役”に「思い切って振り切って演じたいと思います」と意気込み、オファーを受けすぐに快諾したという井浦は「台本を読んだ今はちょっと後悔しています」と笑っている。

【広告】

●高単価×無料案件
●継続収入案件
●集客サポート

お手軽なマルチ案件ご用意しました(笑)
今なら180万円稼いだノウハウもプレゼント!
そろそろプチ自動収入を構築してみませんか?
VIPアフィリエイター登録

コメントは受け付けていません。