【ロッテ】佐々木朗希、12日or13日デビュー(スポーツ報知)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:スポーツ報知

ロッテの最速163キロ右腕・佐々木朗希投手(19)が、早ければ12、13日の本拠地・中日戦で実戦デビューする方針であることを2日、井口監督が明かした。

【選手名鑑でチェック!】ロッテ・佐々木朗希の成績、年俸…

 この日1軍に再合流した佐々木朗は試合前、吉井投手コーチが見守る中、ブルペンで31球、変化球を交えながら約10分間の投球練習を行った。報告を受けた指揮官は「かなり状態はいい。5日の練習でシート打撃をやる予定」とし、当初予定していた6日か7日の実戦登板を延期した。朗希単独でシートで投げ、順調なら12、13日の中日戦(ZOZOマリン)でのデビューに方向転換。吉井投手コーチは「せっかくだからマリンで投げてもらいたいと思っている」と強調した。

 2月19日には石垣島での2軍キャンプで今年初のフリー打撃に登板し、同24日にはシート打撃に登板。スライダーやフォークなど変化球も試しつつ、直球では最速149キロをマークした。朗希自身も「しっかりボールをコントロールできた」と手応えを感じており、吉井コーチも「投げれば投げるほど感覚が上がってきている」とうなずいた。

 「自分のペースだけは崩さないように、確実に行けるように今年は頑張ります」と話していた右腕。昨季から先送りが続いたが、2年目で真価を発揮する時がきた。朗希の言う“確実”がいよいよ目の前まで来た。(小田原 実穂)

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。