ACL組は苦戦か/ニッカン記者J1順位予想(2)(日刊スポーツ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:日刊スポーツ

今年も全国のサッカー担当記者による、恒例の順位予想を実施しました。

今日26日開幕のJ1順位を北は北海道から、南は九州までの総勢14人の記者が予想。予想平均値の1番は昨季、独走で優勝した川崎Fで5人が連覇を予想。2番手は世代交代を順調に進める鹿島で、4人が優勝を予想しました。昨年に続くコロナ禍で、4チームの降格など、今季は不確定要素も多く、最後まで目の離せない戦いになりそうです。

【一覧】ニッカン記者のJ1順位予想

  ◇  ◇  ◇

◆杉山理紗

担当=川崎F、横浜 入社年=16年 サッカー担当歴3年目

1位 川崎F

【寸評】川崎F、練習試合で大量得点半端ないって。今季は上位と下位でリーグが割れる予感。20チームもあると予想が難しい(言い訳!)

2位 鹿島

3位 G大阪

▲ACL圏

4位 名古屋

5位 東京

6位 横浜

7位 清水

8位 広島

9位 C大阪

10位 柏

11位 神戸

12位 浦和

13位 大分

14位 鳥栖

15位 札幌

16位 横浜FC

▼自動降格圏

17位 福岡

18位 徳島

19位 仙台

20位 湘南

========

◆古地真隆

担当=清水 入社年=18年 サッカー担当歴4年目

1位 川崎F

【寸評】巻き返しを図る清水は大型補強に成功。各ポジションに実力者がそろった。ロティーナ体制でクラブ初のACL出場権を目指す

2位 東京

3位 清水

▲ACL圏

4位 鹿島

5位 名古屋

6位 浦和

7位 C大阪

8位 G大阪

9位 横浜

10位 柏

11位 広島

12位 鳥栖

13位 神戸

14位 大分

15位 札幌

16位 徳島

▼自動降格圏

17位 横浜FC

18位 仙台

19位 湘南

20位 福岡

========

◆益子浩一

担当=G大阪、名古屋、徳島 入社年=00年 サッカー担当歴18年目

1位 G大阪

【寸評】宮本監督の4季目、成熟度に期待。ツネ様の現役時代、G大阪の黄金期を知るだけに優勝候補筆頭。C大阪は大久保の復活が条件

2位 C大阪

3位 川崎F

▲ACL圏

4位 名古屋

5位 神戸

6位 鹿島

7位 東京

8位 広島

9位 柏

10位 横浜

11位 浦和

12位 清水

13位 大分

14位 札幌

15位 横浜FC

16位 徳島

▼自動降格圏

17位 福岡

18位 仙台

19位 湘南

20位 鳥栖

========

◆横田和幸

担当=C大阪、神戸、広島 入社年=91年 サッカー担当歴29年目

1位 広島

【寸評】広島は城福監督4年目の継続性を武器に6年ぶり優勝へ。主力大量退団の大分は6年目片野坂監督の手腕で上位躍進のドラマ見たい

2位 名古屋

3位 G大阪

▲ACL圏

4位 鹿島

5位 川崎F

6位 大分

7位 札幌

8位 C大阪

9位 清水

10位 神戸

11位 東京

12位 鳥栖

13位 柏

14位 浦和

15位 横浜

16位 徳島

▼自動降格圏

17位 湘南

18位 横浜FC

19位 福岡

20位 仙台

========

◆菊川光一

担当=福岡、鳥栖、大分 入社年=93年 サッカー担当歴13年目

1位 川崎F

【寸評】攻守に充実する川崎Fが大本命。九州勢では、堅守カウンターの精度向上を目指す福岡に期待。戦力ダウンの鳥栖、大分は苦しい

2位 名古屋

3位 G大阪

▲ACL圏

4位 鹿島

5位 横浜

6位 東京

7位 C大阪

8位 柏

9位 広島

10位 神戸

11位 福岡

12位 清水

13位 鳥栖

14位 大分

15位 札幌

16位 仙台

▼自動降格圏

17位 浦和

18位 横浜FC

19位 湘南

20位 徳島

========

◆石川秀和

担当=記録 入社年=06年 サッカー担当歴14年目

1位 鹿島

【寸評】過密日程が予想されるACL参加組はリーグ戦で苦戦する傾向あり。昨季リーグ5位でACL出場権を逃した若き鹿島が一気に加速

2位 川崎F

3位 名古屋

▲ACL圏

4位 東京

5位 G大阪

6位 広島

7位 C大阪

8位 横浜

9位 柏

10位 浦和

11位 神戸

12位 大分

13位 札幌

14位 仙台

15位 横浜FC

16位 鳥栖

▼自動降格圏

17位 清水

18位 湘南

19位 徳島

20位 福岡

========

◆千葉修宏

担当=外電 入社年=97年 サッカー担当歴通算8年目

1位 鹿島

【寸評】川崎Fを優勝にしなかったのは今年のリバプールを見ていて、カップ戦を含めた過密日程の中で勝ち続ける難しさを感じたから

2位 名古屋

3位 東京

▲ACL圏

4位 川崎F

5位 G大阪

6位 清水

7位 横浜

8位 神戸

9位 C大阪

10位 広島

11位 札幌

12位 浦和

13位 柏

14位 仙台

15位 徳島

16位 大分

▼自動降格圏

17位 横浜FC

18位 湘南

19位 鳥栖

20位 福岡

【広告】


コメントは受け付けていません。