長澤まさみ「ビンゴを当てにいくみたい」!!史上初2年連続主演女優賞/ブルーリボン賞(サンケイスポーツ)

出典元:サンケイスポーツ

サンケイスポーツなど在京スポーツ7紙の映画記者が選ぶ「第63回ブルーリボン賞」が23日、決定。長澤まさみ(33)が「コンフィデンスマンJP-プリンセス編-」などで、史上初めて2年連続で主演女優賞に輝いた。昨年も「コンフィデンスマン-」の前作で受賞しており「宝くじに当たったような気分」とにっこり。主演男優賞は草●(=弓へんに剪)剛(46)が選出。コロナ禍で中止された授賞式に代わり、各受賞者が喜びを語った。

 ■ダー子で広がった演技の幅

 ブルーのジャケットをクールに着こなした昨年から一転、ピンクのキャミソールワンピース姿で受賞インタビューに応じた長澤。セミロングだった髪の毛はショートになり、“まさみスマイル”は輝きを増していた。

 2年連続の主演賞受賞は、第39、40回に男優部門で役所広司(65)が選出されたが、女優では初の快挙。第47、54回で助演女優賞も獲得しているブルーリボン賞の申し子は「実感が湧いていない。光栄です」と喜んだ。

 昨年は「コンフィデンスマンJP-プリンセス編-」と「MOTHER マザー」に主演。陽気な天才詐欺師と、男たちと行きずりの関係を持つシングルマザーを全く異なる顔で演じ分けた。

 フジテレビ系連ドラが映画化された「コンフィデンスマンJP」シリーズでは、さまざまな人物になりすましてターゲットをだます主人公、ダー子がハマり役に。「テイストが違う作品で受賞できたのは、ダー子役で培った演技の幅が生きたのかな」と照れ笑いした。

 ■先人への感謝忘れず

 昨年の関水渚(22)に続き、2年連続で共演者が新人賞を受賞。「私も諸先輩方が開拓してくれた道があるからこそ、進んでいける」と先人への感謝を忘れない。

 「コンフィデンスマン-」の興収は2019年公開の「ロマンス編」が29・7億円、「プリンセス編」が38・4億円と大ヒット。22年には「英雄編」が公開される。

 3年連続の戴冠については「ビンゴを当てにいくみたい。記者の皆さん次第であるかも」とおどけつつ、にっこり。“嘘のない”女優人生を歩む長澤が、さらなる快挙でファンを驚かせる日は再びやってくる!?

【広告】

プロアスリートも愛用


コメントは受け付けていません。