3ラン!!3ラン!!オリックス・紅林が止まらない(サンケイスポーツ)

出典元:サンケイスポーツ

オリックスの高卒2年目、紅林弘太郎内野手(18)が23日、球春みやざきベースボールゲームズのロッテ戦(SOKKENスタジアム)に「7番・遊撃」で出場。3ランを2本放つなど、4打数2安打6打点と大暴れした。今キャンプの実戦ではチームトップの4発目をマークし、開幕スタメンに猛アピールした。

【写真】3点本塁打を放つオリックス・紅林

■「アピールしないといけない立場」

 風に乗り、瞬く間に右翼席へ消えていった。中嶋新政権初の対外試合で、豪快なアーチを描いた紅林は、バックスクリーン右へもう一発。2本の3ランで計6打点と、自慢の長打力を存分に発揮した。

 「いい対応が出来た。両方とも風にいい感じで乗って。投手は調整の段階だと思いますが、アピールしないといけない立場なので、いい結果になってよかった」

 日本ハムの主砲、中田翔似の表情をやわらげた。快音を響かせたのは3-1の三回2死一、二塁。ロッテ2番手、岩下がフルカウントから投じた149キロの直球をとらえ、逆方向に運んだ。

 さらに五回無死一、二塁でもバックスクリーン右へ突き刺した。今キャンプの実戦ではチームトップの4発目。アピールを続ける若手に、中嶋監督も「引っ張りの方が(打球が)伸びるタイプだけど、逆方向にも伸びている。思いきりの良さはある」と頷いた。

■「フライングエルボー」の意識

 紅林は昨季、駿河総合高からドラフト2位で入団。昨年はシーズン終盤に1軍昇格を果たし、5試合に出場。プロ初安打、初適時打を含む4安打2打点をマークした。

 高卒2年目の今季はオフから長打力に磨きをかけ、ウエートトレでパワーアップ。90キロ前後だったバーベルスクワットの重量は140キロに増えた。構えたときに右肘を上げ、打球に角度をつけて飛距離をアップさせる「フライングエルボー」の意識も取り入れ、「打球が変わると実感した」と手応えもある。

 目指すは開幕1軍、さらには遊撃でのレギュラー。現状、安達が正遊撃手だが「高卒2年目とか関係なくレギュラーを取れるように」と力を込めた。こだわりのある遊撃の座をつかむべく、さらなるレベルアップを目指していく。(西垣戸理大)

◆紅林 弘太郎(くればやし・こうたろう) 2002(平成14)年2月7日生まれ、19歳。静岡県出身。藤枝市立青島中では軟式野球部に所属し、遊撃手。駿河総合高では1年春からベンチ入り。高校通算40本塁打。甲子園出場なし。20年オリックスD2位。昨季は1軍で5試合に出場し、打率・235(17打数4安打)、0本塁打、2打点。年俸720万円。186センチ、95キロ。右投げ右打ち。背番号「24」

【広告】

ましきでんち

高いバッテリー交換とは、

もうオサラバしましょう!!

大量仕入れにて実現した格安提供☆

満充電の状態で着いたその日から使用可!!


コメントは受け付けていません。