東京パラ開幕まで半年!!「きずな」で駆ける道下、チームで駆ける「金の道」/マラソン視覚障害女子(サンケイスポーツ)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:サンケイスポーツ

東京パラリンピックの開幕まで、24日で半年。競技の魅力などを紹介する月イチ特集の第35回は、マラソン視覚障害女子で東京パラリンピック代表の道下美里(44)=三井住友海上=に迫る。昨年12月の防府読売マラソンで、自らが持つ世界記録を9秒更新する2時間54分13秒で4連覇を達成。進化を続ける44歳がサンケイスポーツの取材に応じ、仲間とともに金メダルに挑むことを誓った。(武田千怜)

■「命綱」頼りに

 青空の下、歩調を合わせて前進する。はつらつとした笑顔がトレードマークの道下は、伴走者の河口恵さん(25)と一緒に練習拠点の福岡市・大濠公園で汗を流す。半年後に迫った東京パラリンピックへ、仲間の存在がパワーの源だ。

 「支えてくれる仲間がいるとぶれずにやっていける。仲間が喜んでくれる金メダルを取りたい」

 視覚障害の道下は一人で走ることができない。そのため、目の代わりとなる伴走者のサポートを受ける。「きずな」と呼ばれる伴走ロープを互いに握り、一緒にゴールを目指す。三井住友海上で働く河口さんとは週に3~5日練習する。これは道下を支える複数いる伴走者の中で最も多い。しかし、一時は一緒に練習できない時期もあった。

■山奥で日の出とともに練習

 新型コロナウイルス感染防止のため、1回目の緊急事態宣言が出された昨年4月上旬からの約1カ月間、練習で会う伴走者を一人に制限した。送迎や仕事との兼ね合いから、銀メダルだった2016年リオデジャネイロ大会でともに走った堀内規生(のりたか)さんに限定。猿が出るような人の少ない山奥で、日の出とともに練習を開始し、週に4回、約20キロ走った。

 会えない期間も、道下は「師匠」と呼ぶ元実業団選手で経験豊富な河口さんに連絡。練習内容などを伝えた。報告を受けた河口さんは「(伴走者は)選手より走力がないといけない。再会したときに全力で支えられるように準備しよう」と自主練習に励んだ。隣で練習ができなくても「きずな」はつながっていた。

■コロナ禍乗り越えリスタート

 東京大会へリスタート。河口さんとの練習再開後は、今まで以上に質にこだわった。その日のテーマや目標タイムを練習前に伝え、気持ちも一致団結した。努力の成果は結果として表れ、昨年12月の防府読売マラソンで自らが持つ世界記録を9秒更新。2時間54分13秒で、同年2月の別府大分毎日マラソンに続き、1年間に2度、世界新記録をたたき出した。

 道下は「仲間の協力があってコロナ禍でも成長できた」と感謝。河口さんは「(道下は)筋トレは千単位でやる。止めないとやりすぎちゃう。すごく努力する。一緒に挑戦したい、ついていかせてください、と思える人」とたたえた。

■「立ち止まらずに」

 東京パラリンピック開幕まで半年。コロナ禍で大会開催を危ぶむ声も上がるが、道下は「希望を持ってやり続けたら、必ず何年後かに笑えるときがくる。そういう経験をしてきた。立ち止まらずに進んでいきたい」と信念を貫く。21年9月5日。笑顔で国立競技場のフィニッシュテープを切る自らの姿を思い描く。「仲間がいるから強くいられる」。道下が支えてくれる仲間とともに金メダルロードを突き進む。

★「命を預ける感覚」

 河口さんは2016年4月から伴走者として道下を支える。選手以上の走力が求められ、道下との練習以外にも自主練習に励む。1月の大阪国際女子マラソンでは2時間48分31秒の自己ベストをマークした。自身も見えない状態で走る体験をしたことがあり、「命を預ける感覚」とその怖さを表現。段差1つでも、脚をどれくらい上げるかなど細かく伝え、不安を和らげる。「東京パラリンピックで道下さんと走ることが一番の目標」と力を込めた。

◆道下 美里(みちした・みさと)

 生まれ 1977(昭和52)年1月19日、44歳。山口・下関市出身。

 経歴 難病の膠様(こうよう)滴状角膜ジストロフィーの影響で、中学2年時に右目を失明。25歳で左目の視力もほとんど失った。2008年に31歳で本格的にマラソンを始め、16年リオデジャネイロ・パラリンピック銀メダル。20年12月に自らが持つ世界記録を更新する2時間54分13秒をマークした。

 本番コースの試走 20年に東京大会が開催されていれば競技が行われる予定だった9月6日に毎年、実施。17年から3度、東京の街を駆け抜け「目が不自由なので、体で覚えるしかない」とコースの特徴を刻み込んだ。

 驚異のピッチ数 1分間に約240歩。ピッチ走法で知られる00年シドニー五輪金メダルの高橋尚子さんは約210歩。一般のランナーは約180歩とされる。

 ルーティン レース前、スタート地点に向かう間に伴走者と歌を口ずさむ。世界記録を出した昨年2月の別府大分、同年12月の防府読売ではゆずの「栄光の架け橋」を歌った。

 趣味 温泉巡り。

 好きなTV NHKの「みんなで筋肉体操」。一緒に筋トレを行う。

 サイズ 144センチ。

★競技説明

 パラリンピックのマラソン視覚障害選手は障害の程度に応じて、単独で走るか、伴走者と走るかを選択できる。伴走者は選手の目の役割を果たし、約1メートルのひもを輪にした伴走ロープを互いに握り、一心同体でゴールを目指す。段差やカーブの方向、角度など、周囲の状況を口頭で伝え、選手の安全を確保する。伴走者が選手を引っ張った場合や、選手よりも先にゴールした場合は失格となる。42・195キロを走るマラソンでは途中で一度、伴走者の交代が認められている。

【広告】

スノーボードウエアの激安・通販

モデルが作った激カワスノボウェアで

ゲレンデ注目の的



コメントは受け付けていません。