渡邊雄太の欠場が続くラプターズ、接戦を制して連敗脱出(バスケットボールキング)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「大志」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:バスケットボールキング

2月17日(現地時間16日)、渡邊雄太が欠場中のトロント・ラプターズは、ミルウォーキー・バックスと対戦した。 

 第1クォーターは拮抗した点の取り合いになり、ラプターズはフレッド・バンブリートが、対するバックスはヤニス・アデトクンボが稼ぎ頭となって加点。33-33の同点で終える。 第2クォーターも点の取り合いが繰り広げられ、引き続きシーソーゲームの展開に。激しい攻防の中、ラプターズはカイル・ラウリーが得点とアシストで活躍を見せるが、両者譲らないまま時間が進み、64-64の同点で前半終了。

 第1,2クォーターと全く同じ得点を記録した両チームだったが、第3クォーターに流れが一変。序盤にOG・アヌノビーが3ポイントシュートを決めると、その後ラプターズの優勢で試合が進む。アーロン・ベインズの得点などで3点前後のリードを保ち続けながら試合を運び、94-91とリードして最終クォーターへ。

 第3クォーターでペースを掴んだラプターズは、第4クォーターでもじわじわと点差を広げる。ヤニスに度々得点を許すも、パスカル・シアカムの活躍でリードは渡さずに試合を進め、124-113で勝利した。2連敗で試合を迎えたラプターズだったが、接戦を制して連敗から脱した。

 ラプターズはバンブリートが33得点、ラウリーが18得点を挙げ、シアカムは23得点13リバウンドでダブルダブルを記録した。一方のバックスはヤニスが34得点10リバウンドとダブルダブルの活躍を披露し、パット・カナートンがベンチから20得点を挙げたが、競り負けた。

■試合結果
トロント・ラプターズ 124-113 ミルウォーキー・バックス
TOR|33|31|30|30|=124
MIL|33|31|27|22|=113

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。