本田圭佑が希望報酬「1ビットコイン」の真意を説明(日刊スポーツ)

出典元:日刊スポーツ

ポルトガル1部のポルティモネンセとの契約が破談となり、欧州で再び新天地を探している本田圭佑(34)が17日、移籍の現状や希望の報酬? に言及した。

【写真】久々のゴールで柄になく大喜びする本田圭佑

ポルトガルから、自身が最高経営責任者(CEO)を務める会社などによるプレミアム音声サービス「NowVoice」のライブ配信を行い、質問に答える形で、話をした。

先日、ツイッターで「1ビットコイン、この金額でプレーします」と英語でつぶやいたことを問われ「安くてもやるよと、伝えたかった」と真意を説明した。

16日には1ビットコイン=5万ドル(約527万円)と急騰しているが、本田のACミラン在籍時の年俸は550万ユーロ(当時のレートで、約7億7000万円)だった。

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

超簡単取り付け一体型HIDキット新発売

コメントは受け付けていません。