玉川徹氏、橋本聖子氏が就任なら議員辞職の可能性に「現実問題、自民党与党オリンピック…党派を離れてもそこは変わらない」(スポーツ報知)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:スポーツ報知

18日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・午前8時)で、東京五輪組織委が新会長候補を橋本聖子五輪相に一本化し、就任要請したことを報じた。

 組織委は、森喜朗会長の辞任表明を受けた第2回の候補者検討委員会を17日に都内で完全非公開で開き、8人の委員は橋本氏へ候補を絞り込んだ。当初難色を示していた橋本氏は受諾の意向を示し、18日の理事会に諮って新会長が誕生する。

 スタジオでは、就任した場合は、五輪相を辞任しなければならず、さらに自民党を離党、議員辞職の可能性があることを伝えた。

 コメンテーターで同局の玉川徹氏は、こうした状況に「現実問題、自民党与党オリンピックですから。東京オリンピック、日本のオリンピックと言っても結局、政権の意向ですべて動いていきますし、政権は自民党政権なので、成立の過程から見ても自民党オリンピックはぬぐえないので、党派を仮に離れたとしてもそこの部分は現実問題としては変わらないと感じますけどね」とコメントしていた。

【広告】

奇跡の出会いから生まれた

【出雲抹茶専門店 桃翠園】





コメントは受け付けていません。