ケガ人続出で厳しい状況の三遠ネオフェニックス、サンロッカーズ渋谷攻略の糸口はフリースロー(バスケットボールキング)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:バスケットボールキング

■三遠ネオフェニックスvsサンロッカーズ渋谷(@豊橋市総合体育館)
第1戦:2月13日17時5分 第2戦:2月14日14時5分

 状態が上向きつつあった中で岡田慎吾と西川貴之が再び戦列を離れ、白星が遠い三遠ネオフェニックス。前節の京都ハンナリーズ戦も前半の15点ビハインドを縮める力がなく、終盤に10点差にするのが精一杯だった。ただ、最近はターンオーバーの多い試合がなくなり、前々節の2戦に続いて前節も1ケタ。現時点の1試合平均数は11.6個で、リーグでは7番目に少ない。ポゼッションをシュートで終えることができており、成功率さえ上がれば白星をつかむチャンスも増えてくるはずだ。

 とはいえ、今節対戦するサンロッカーズ渋谷のディフェンスの強度には十二分に注意しなければならない。前節の秋田ノーザンハピネッツ戦は第4クォーター中盤に13点差を背負いながら、我慢強いディフェンスで相手のミスを誘い、残り3秒にひっくり返した。第2クォーターに26失点しているとはいえ、13スティールで相手のターンオーバーは22個とSR渋谷らしい戦い方はできた。アウェー8連戦の真っ只中だが、ここまでは2勝1敗とまずまずの出来。残る5試合はすべて黒星先行のチームが相手とあって、確実にものにしておきたい。

 三遠のSR渋谷攻略の糸口はフリースローにある。リーグで3番目にファウルが多いSR渋谷は、前節も相手に28本のフリースローを与えている。三遠はフリースロー試投数は多くないものの、成功率は75パーセントを超える。相手のゲームプランを狂わせるという意味でも、力強くペイントエリアを攻めてファウルを誘いたい。

文=吉川哲彦

■ロスター
・三遠(ヘッドコーチ:ブラニスラフ・ヴィチェンティッチ)
サーディ・ラベナ
山本柊輔
寺園脩斗
川嶋勇人
北原秀明 ※インジュアリーリスト
太田敦也
ネナド・ミリェノヴィッチ
岡田慎吾
西川貴之
鈴木達也
兪龍海
カイル・ハント
津屋一球 ※特別指定
ステヴァン・イェロヴァツ
井上宗一郎 ※特別指定

・SR渋谷(ヘッドコーチ:伊佐勉)
関野剛平
ベンドラメ礼生
チャールズ・ジャクソン
西野曜
ジェームズ・マイケル・マカドゥ
渡辺竜之佑
野口大介
広瀬健太
石井講祐
山内盛久
ライアン・ケリー ※インジュアリーリスト
盛實海翔
田渡修人
八村阿蓮 ※特別指定

【広告】

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。