【フェブラリーS】南部杯覇者のアルクトスが久々の中2週で参戦 栗田師「回復が早くなった」(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

フェブラリーS・G1(2月21日、東京・ダート1600メートル)に参戦するアルクトス(牡6歳、美浦・栗田徹厩舎、父アドマイヤオーラ)が久々の中2週でG1取りを目指す。

【データで見る】アルクトスの血統、戦績

 前走の根岸Sでは59キロを背負いながら4着に奮闘。統一G1の南部杯をレコードで制した地力の高さを見せた。その根岸Sから中2週の過密日程で臨むのは、18年6月の猪苗代特別(当時1000万)以来となるが、体質が強化された今では不安要素にならない。栗田調教師は「レース後の馬体の回復が早くなった。いい頃の飛ぶような走り」と期待感を口にした。

【広告】

令和元年何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

まずは体験プログラムで自分に出来そうか

見極めてみたら?

 

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。