【クイーンC】キャリアわずか1戦のアールドヴィーヴル、最速タイの末脚発揮し2着「最後も良く伸びた」松山も素質高評価(中日スポーツ)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:中日スポーツ

◇13日 第56回クイーンカップ(G3・東京・芝1600メートル)

 わずかキャリア1戦で4カ月ぶりの実戦となった5番人気のアールドヴィーヴルが勝ち馬を上回る最速タイの上がり3F34秒1の末脚を発揮。外から追い込んで2着に入った。松山は「勝ち馬の後ろで脚をためられた。最後も良く伸びてくれました。キャリアが浅い分、勝負どころでズブさを見せたり、直線で外へ行ったり、幼さはありますが、今後修正していければ」と素質を評価した。

 今野師は「栗東にいる時から430キロ台だったので(18キロ減は)想定内だった。この先、体がもう少ししっかりしてくれば。素質は見せてくれた。収穫はありました」と賞金加算に成功し、手応えを感じていた。

【広告】

奇跡の出会いから生まれた

【出雲抹茶専門店 桃翠園】





コメントは受け付けていません。