ロッテ・大嶺 14日のヤクルト戦で3年ぶりに故郷・沖縄で登板(サンケイスポーツ)

出典元:サンケイスポーツ

今季で15年目を迎えるロッテ・大嶺祐太投手(32)が、14日のヤクルトとの練習試合(浦添)に先発する。2019年1月に右肘のトミー・ジョン手術(内側側副じん帯再建術)を受けたこともあり、「沖縄の練習試合で登板するのは久しぶり。去年も一昨年もこの時期はリハビリ中だった。投げられる幸せを感じながら、しっかりとアピールをしたいと思います」。昨年8月23日に支配下選手登録に返り咲いた右腕は「調子としてはストレートがだいぶいい感じなので、ストレートをしっかりと投げ込む投球がしたい」と意気込んだ。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。