武藤敬司、58歳1か月でGHC王座奪取…史上3人目の3大メジャー制覇…ノア日本武道館(スポーツ報知)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:スポーツ報知

◆プロレスリング・ノア「DESTINATION2021 BACK TO BUDOKAN」(12日、日本武道館)

 プロレスリング・ノアは12日、11年ぶりの日本武道館大会を開催。メインイベントのGHCヘビー級選手権は挑戦者・武藤敬司がフランケンシュタイナーからのエビ固めで王者・潮崎豪を破り、王座を奪取した。

 武藤は、高山善広、佐々木健介に続く史上3人目となる新日本のIWGPヘビー、全日本の3冠ヘビーの3大メジャー制覇を達成した。58歳1か月でのGHCヘビー奪取は、2018年3月11日に横浜文化体育館で拳王を破った杉浦貴の47歳10か月を大幅に上回る最年長チャンプ。3大メジャータイトルでもは、2002年4月にに52歳2か月で全日本の3冠ヘビー級を奪取した天龍源一郎を上回る最高齢記録。昭和、平成、令和の3つの時代をまたいだベルト戴冠と記録ずくめの王座奪取となった。

 2018年3月に都内の病院で両膝の人工関節設置手術を行った武藤は、1年3か月の長期欠場を経て19年6月26日に後楽園ホールでの長州力の2度目の引退試合で復帰した。ノアマットには昨年から本格参戦し、潮崎への挑戦に辿り着き、初の挑戦でベルトを腰に巻いた。

 バックステージで武藤は「体中が交通事故に遭ったみたいに痛ぇよ」と激闘を振り返り「チャンスをくれたノアという団体に感謝したい」と明かしていた。

【広告】

馬券術

【コンピ・ワン・イズム】

1点で勝とうよ!

投資成功率82.4%の

馬券術【コンピ・ワン・イズム】

コメントは受け付けていません。