役所広司「美しい映画になった」西川美和監督と初タッグ(サンケイスポーツ)

出典元:サンケイスポーツ

俳優、役所広司(65)が11日、東京・新宿ピカデリーで行われた主演映画「すばらしき世界」の初日舞台あいさつに出席した。

 直木賞作家、佐木隆三氏の小説「身分帳」が原案。人生の大半を獄中で過ごした実在の男性をモデルにした主人公を演じた。西川美和監督(46)との初タッグについて「男性的目線で語る原作が女性の目線で脚本化されたのがうまく化学反応を起こし、温かく美しい映画になった」と胸を張り、「現場の男たちは大好きです」とおちゃめに感謝した。共演の仲野太賀(28)らも出席。

【広告】

奇跡の出会いから生まれた

【出雲抹茶専門店 桃翠園】





コメントは受け付けていません。