森喜朗会長、女性蔑視発言で辞任へ…世界中からバッシングで引責 後任・川淵三郎氏、五輪無観客は否定的(サンケイスポーツ)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:サンケイスポーツ

女性蔑視発言で辞任へ。東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)が辞意を固めたことが11日、分かった。女性蔑視発言が国内外で反発や批判を受け、発言を撤回して謝罪したが、責任を取る形となった。12日の組織委の評議員会、理事会の合同懇談会で表明する見通し。後任として、日本サッカー協会元会長で選手村村長の川淵三郎氏(84)が受諾の意向を明らかにした。無観客での大会実施には否定的な考えを示した。

 開幕まで半年を切った東京五輪。新型コロナウイルスの影響で開催可否を巡る懐疑論も出ている中、準備の混迷はさらに深まった。コロナ禍で史上初の延期となったスポーツの祭典はトップが交代する異常事態に陥った。組織委の森会長が、スポーツ団体の理事起用を巡る女性蔑視発言で世界中から猛烈な批判を浴び、辞任に追い込まれた。

 森氏は11日、合同懇談会に向け「まずはご迷惑を掛けたというおわびと、後はよろしくお願いしますと言わなければならない。大事なのは五輪の成功だ」と周辺に語った。

 政治家時代にも問題になった不適切な言動が再び致命傷になった。森氏は今月3日の日本オリンピック委員会(JOC)臨時評議員会で「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」などと述べた。女性蔑視と世界中から批判され、翌4日の記者会見では「五輪精神に反する不適切な表現であった」と謝罪と撤回を表明も、気に入らない質問に“逆ギレ”。かえって炎上を招いた。

 会員制交流サイト(SNS)などで辞任を求める声が世界中で高まっていた。スポンサー企業からの批判も相次ぎ、大会ボランティアの辞退者も続出した。当初は森氏の謝罪で「問題は終わった」とした国際オリンピック委員会(IOC)も9日に「完全に不適切」と姿勢を変えた。東京都の小池百合子知事からも批判を浴び、四面楚歌(そか)となっていた。

 東京大会招致を中心となって推進し、開催が決まった13年9月のIOC総会で喜んだ森氏、安倍晋三首相、猪瀬直樹東京都知事、竹田恒和JOC会長(いずれも当時)は森氏の辞任で、全員が表舞台から退くことになる。

 後任には日本サッカー協会元会長で、選手村の村長を務める川淵氏が就く方向となった。10日に森会長サイドから連絡が入り、この日に森会長と会談して要請されたという。84歳の川淵氏は、家族から反対されたというが「とても断る状況ではなかった。残る人生のベストを尽くしたい。何としても(五輪を)開催できるように持っていくのが、一番大きな使命だ」と受諾の意向を明らかにした。

 森氏の発言を「論外」と断じ、「日本人はジェンダーフリーや性差別(への意識)について、まだ欧米諸国に劣るのはみんなが認める話。大いに改善していく動きのきっかけになれば」と語った。プロ野球などが観客を入れて開催されてきたことを踏まえ、「五輪を観戦させないのは全く納得いかない。強力に言うつもりだ」と無観客での大会実施には否定的な考えを示した。

 「僕の相談役として残ってほしい」と森氏に協力を求めたことも明かした。大会そのものへの不信感も深刻な状況にある東京五輪。一日も早い立て直しへ、川淵氏のリーダーシップが求められる。

【広告】

馬券術

【コンピ・ワン・イズム】

1点で勝とうよ!

投資成功率82.4%の

馬券術【コンピ・ワン・イズム】

コメントは受け付けていません。