亀山つとむ氏 新外国人ロハスJr間に合わないなら「前向きに」井上起用を探るのも一手(スポニチアネックス)

出典元:スポニチアネックス

本紙評論家の亀山つとむ氏がツイッターで募集したファンの質問、疑問に何でも答えます。題して「キャンプ特ネタ!!亀山情報局」。例年2月いっぱいは沖縄で真っ黒に日焼けし、どの評論家よりも阪神キャンプを取材。今回の無観客キャンプも選手の調整具合やコロナ下での自粛生活の様子など、現場からリポートしてくれます。

 【Q】新外国人が間に合わない可能性があると聞きました。開幕後を考えるとサンズとマルテの2人を起用する攻撃重視か、スアレス、エドワーズ、チェンらを前面に押し出した投手重視か。どちらを選択すると思いますか?

 【亀山】おそらくマルテを一塁、サンズをレフトに入れたオーダーを組むと思いますが、個人的にはDF面を強化したらいいのではと思ってしまいます。もともとタイガースの武器は投手力。1点差を逃げ切る、勝てる試合は絶対に落とさない…などの理由なのですが、もっと面白く考えれば、ロハス・ジュニアが間に合わないことをあえて前向きにとらえて「じゃあ井上を使いましょう」と…。近本がセンターにいて、糸井、佐藤輝、高山、陽川らが両翼を競うのでしょうが、井上も加えればもっと楽しみが増えますからね。

 【Q】トスバッティングでは後ろからボールを上げるのをよく見ますがどのような効果があるのでしょうか?

 【亀山】いろいろな解釈やそれぞれに求めるものはちがうと思いますが…。まず前提として、一般的によく見る斜め前方から…って実際に試合ではああいう角度で打つ事ってないんですよ。それを何度も繰り返すと体の重心が前へ、前へと行ってしまいます。真後ろからのティー打撃の効果としては、打者の体も一度後ろに引きますよね。だから、しっかり引きつける…という意識付けができます。

 【Q】コロナ下でのキャンプ。選手は休みの日はなにをしていますか? また亀山さんはやっぱり自炊しているのでしょうか?

 【亀山】選手は、外出はコンビニと散歩しか許されていません。音楽を聞くか、本を読むか…。いずれにしてもリフレッシュをうまくしてほしいですよね。私も外食は一度もしていませんし、休みの日はその都度、PCR検査を受けていますね(笑い)。

 【Q】私は北條選手のファンです。今年は本当に勝負の年だと思うのですが、北條選手の状態はどうなのでしょう。またレギュラーを奪うには何が必要でしょうか?

 【亀山】キャンプではまずまずです。でも厳しい言い方をしますが、9年目の選手で「まずまず」では全然よろしくないのです。レギュラー陣はしっかりと仕上げればいいし、新戦力は首脳陣もやっぱり興味をもちますから、まずまずでは全然目立たなくなってしまいます。かつて巨人でプレーした元木大介選手のような、いやらしいクセ者を目指せばいいですよね。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。