「徹子の部屋」45周年!黒柳徹子、番組長寿の秘訣語る 50周年も「楽しみに」(スポニチアネックス)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:スポニチアネックス

女優でタレントの黒柳徹子(87)が司会を務めるテレビ朝日系「徹子の部屋」(月~金曜後1・00)が今年2月2日に45周年を迎えた。黒柳が偉業を達成した喜びと50周年に向けての新たな決意を明かした。

 1976年2月2日に始まった同番組は開始当初から編集を加えない“生放送スタイル”を貫き、放送8961回を迎えた2010年4月27日には、同一の司会者による最多放送記録としてギネス世界記録にも認定された。

 黒柳は45周年に「ものすごくうれしいです!毎日毎日ゲストの方をお招きしてお話をうかがってきましたが、45年という長い歳月が経ったんだなと思うと、やはりすごいことだなと自分でも驚いています」と喜びを明かした。

 番組が続いた秘訣には「ゲストのみなさま方がきちんと収録に来てくださったことが大きかったと思います。そんな素敵なゲストの方々を選んでくれるスタッフはもちろん、彼らとの“手抜きをしない打ち合わせ”をとても大事にしてきました」と感謝の気持ちを語った。さらに、「『徹子の部屋』ってやっぱりとっても面白い(笑)!自分でも面白いなと思えるなんて、とてもありがたいことだなと思っています」と自身も楽しんでいると打ち明けた。

 次なる目標は「きりがいいのは50周年なので、それをとても楽しみにしています」と掲げた。さらに「今、私が元気なのは毎日、ジャイアント馬場さんに教えていただいたヒンズースクワット(腕を前後に振りながら下まで降ろすスクワット)をやっているおかげ。とにかく身体の元気を保って楽しくやっていきたいと思っています」と意気込みを語った。

【広告】

高品質なルイボスティーは

しっかり煮出して美味しく飲めます。

エルバランシアのルイボスティーは最高品質!

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。