Bミュンヘン、過密日程なんの アルアハリに貫禄完勝で決勝進出(スポニチアネックス)

出典元:スポニチアネックス

◇クラブW杯準決勝 Bミュンヘン(ドイツ)2-0アルアハリ(エジプト)(2021年2月8日 カタール・アルラヤン)

 クラブW杯は8日、カタールのアルラヤンで準決勝1試合が行われ、欧州王者バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)が2―0でアフリカ代表のアルアハリ(エジプト)を退け、決勝に進んだ。11日の決勝は7大会ぶり2度目の優勝を狙うBミュンヘンと北中米カリブ海勢初優勝を目指すティグレス(メキシコ)が顔を合わせる。

 Bミュンヘンが力の差を見せつけた。前半17分にFWレバンドフスキが先制点を挙げると、エースは後半41分にも追加点。1―0の時間帯こそ長かったものの、危なげない試合展開にフリッツ監督は「我々の方が明らかに良かった」と語った。

 国内リーグ・ヘルタ戦を終えた5日夜にベルリンの空港で夜間離陸禁止令のため機内で7時間の缶詰めを強いられた。長距離移動も含めた中2日の過密日程だったが「W杯はいつも特別」とレバンドフスキ。20年FIFA最優秀選手にも選ばれたポーランド代表は、さらに中2日で迎える決勝を見据え「大一番になる」と強調した。

 新型コロナウイルスの影響で昨年12月から開催が年を越し、欧州CLなどと同一年の達成はなくなったが、事実上の“年間6冠”に王手。勝つしかない。

【広告】

JRA重賞予想配信サービス

商品名「ザ・シークレット・ホース」

毎週レポート形式で重賞を深く考察し、

激走の可能性の高い穴馬をあぶり出します。

詳しくはこちらをクリック

↓   ↓   ↓

 

 只今特典レポート付

  1)「サルでも分かる!血統入門」

  2)「サルでも分かる!南関競馬穴の十カ条」

  3)「競馬新聞徹底比較」

  4)「サルでも分かる!血統メモ 2011秋・速報追加版」

コメントは受け付けていません。