巨人・菅野、桑田も使った投球術受け継ぐ!初ブルペンで26球(サンケイスポーツ)

出典元:サンケイスポーツ

巨人・菅野智之投手(31)が9日、那覇でのS班キャンプ第1クール最終日に今季初めてブルペン入り。投球プレートの踏む位置を昨季よりやや一塁側にずらした“新投法”で直球を26球投げた。桑田真澄投手チーフコーチ補佐(52)が、さらなるレベルアップの要件として挙げるのが「投球術」。“桑田イズム”を受け継ぐように、エース右腕は本格投球のスタートから貪欲な姿勢を見せた。

【写真】練習後キャッチボールする巨人・桑田コーチ補佐

 那覇・奥武山公園のブルペンで中央のレーンに立つと、菅野は幅24インチ(約61センチ)のプレートに目を向けた。

 「まだ試している段階。もちろん戻す可能性もあります。(捕手の小林)誠司と軌道や見え方の違いを確認して、これからも投げていきたい」

 同学年の捕手・小林に全て直球で26球を投じた。昨季と違ったのはプレートを踏む軸足の位置。ほんの数センチながら一塁寄りにずらした。

 踏む位置を変えれば、打者の目線が変わる。右投手は三塁側を踏むことが多いが、阪神・西勇のように一塁側の端を踏んで右打者の内角に食い込む球を武器に使う投手もいる。菅野は三塁側が主で、2019年頃に真ん中へ。今季はこれを、さらに一塁側に変える考えがあるという。

 日本通算173勝を挙げ、今季コーチとして復帰した巨人の元エース・桑田氏も現役時代、プレートの踏む位置にこだわった一人だ。米球界に挑戦した07年には、メジャー昇格に向けた武器としてプレートの踏み替えを多用した。

 また、桑田コーチは大阪・PL学園高の後輩、野村弘樹氏(本紙専属評論家)との本紙対談(7日付)で菅野を「ほぼ完璧」と評した上で「教えたいことが2つある。投球術を意識すれば、さらに球数が減って完投も増える」と分析している。“プレートの魔術師”ぶりを継承するかのような菅野の貪欲な姿勢には、背番号18を受け継いだエースの気概がにじむ。

 菅野は、変化球についても「桑田さんはカーブが得意だった印象がある。感覚とかを聞きたい」と話す。得意球はスライダー系だがキャンプでは新たな武器を模索。カーブなど縦の変化球を中心に投げ込む予定だ。

 「自分の中でようやく始まったなという感覚。(16日に)本隊が合流してトラックマンなど機械が入ってくる。回転効率も課題なので確認したい」。昨季プロ野球記録となる開幕戦からの13連勝を成し遂げたエースは「野球の研究者」を自任する桑田コーチ同様、終わりなき研究に励む。(谷川直之)

【広告】



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。