「簡単な技術ではない」中日・柳がリリースポイントの修正着手 ブルペン“おかわり”「感覚を反復練習」(中日スポーツ)

出典元:中日スポーツ

中日の柳裕也投手(26)が、9日にアグレスタジアム北谷で行われる紅白戦で先発することが決まった。今季初の実戦形式で2イニングを予定。「うまくできないことも含めて確認できればいい。バッターの反応を見たい」と現在地を知る機会と位置付けた。

 一昨年の11勝7敗から、昨季は故障離脱もあり6勝7敗に成績を落とした。オフの1月には横浜高の先輩の楽天・涌井と自主トレ。そこで球持ちを良くすべく、リリースポイントの修正に着手した。「簡単な技術ではない」と沖縄キャンプ中も習得に懸命だ。

 昨季チームで規定投球回に到達したのはエース大野雄のみで、柳はエース右腕と期待される。目標は2年ぶり2桁勝利。「(大野)雄大さんは大エースだけど、自分がチームを引っ張るんだという気持ちで投げていきたい」と語気を強めた。

 8日は北谷のブルペンで打者役を立たせて直球と変化球で計73球。さらに2時間後にはブルペン投球を“おかわり”し「低めに入っていく感覚を反復練習した」ときっちり臨戦態勢を整えた。

【広告】

おいしく・楽しく

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントは受け付けていません。