【巨人】戸郷翔征「桑田式」超ハイテンポ投球でレベルアップ誓う (スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

巨人の戸郷翔征投手(20)が8日、桑田式の超ハイテンポ投球練習を行った。宮崎キャンプでブルペン入り。全60球のうち、前半の30球で桑田投手チーフコーチ補佐の指令を受け、捕手の返球を捕球後すぐに次の球を投げる練習を10球×3セット実施。「10球中何球いい球が投げられるか。そういう意識を持って、ということでした」と明かした。

【詳しく】競争激化…巨人の今季予想布陣

 桑田コーチは「試合でカバーリングなどで心拍数が上がっても、普通に投げられるようにしてもらいたい。打者や走者でちょっと走ってマウンドに行った時、調子を崩すようではダメ」と説明した。

 戸郷は桑田コーチに「10球中1球しか(いい球が)いってない。10球中8~9球投げられる能力はあるからそこ目指して」と言われたことを明かし、さらなるレベルアップを誓った。

【広告】

令和元年

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントは受け付けていません。