マヂラブ・野田クリスタル“論争”再び!? 今秋キングオブコントで史上初“3冠”へ(スポニチアネックス)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「専心」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:スポニチアネックス

昨年、漫才日本一決定戦「M―1グランプリ」とピン芸日本一を決める「R―1ぐらんぷり」を制したお笑いコンビ「マヂカルラブリー」の野田クリスタル(34)が、今年のコント日本一決定戦「キングオブコント2021」で史上初となる3冠に挑む。野田は本紙の電話取材に「3冠が見えたらゾクゾクする。もう一度ゾクゾクを味わいたい」と話した。

 R―1では、自作のテレビゲームをプレーするネタがネット上で賛否両論となり、M―1では、ボケの野田がほぼ言葉を発せず、動きだけで笑いをとるスタイルが「漫才か、漫才じゃないか」という論争を巻き起こした。

 従来の枠にとらわれないスケールでお笑い界に新風を起こしている野田は、今秋開催予定のキングオブコント(KOC)を前に「今度は“お笑いなのか、お笑いじゃないか”という議論になるかもしれないですね」と、さらなる常識破壊の可能性をほのめかした。

 相方の村上(36)は「年齢制限がない大会なので、いったん休憩して3~4年後に出ることも考えたけど、流れが来てる今年が優勝のチャンスとも思う」と話した。

 M―1優勝を機に大ブレーク。野田は「11月から休んでない」と多忙を極める。R―1を先に制した野田の人気が先行していたが、村上も、本名が鈴木なのに芸名が村上という謎の行動や、やさぐれ生活に脚光が当たり、昭和の薫りがする芸人として急上昇中だ。

 この日の取材も、タクシー移動の合間しか時間がなかったほど。ネタを考える暇もないという。野田は「元々、構想が固まるのはわりと直前ですが、6~7月になった時今くらいの仕事量だとつらいです」と話す。コントの新ネタは現状一本もないが、それでも「1本できたら、自信が湧いてくる」と前向きに臨む。

 縛りが少ないコントはマヂカルに合ったジャンルだが、意外にも過去の決勝進出は2018年の1度だけ。野田は「2冠を獲って、決勝に行くのが当然みたいになってる。コントは好きだから、のびのびやっているつもりなんですが、ずっと2回戦落ちとかだった。ムズい大会」と気を引き締める。決勝までは遠く険しい道のりだ。

 同じくM―1、R―1の2冠を保持する粗品(28)の「霜降り明星」が出場すれば“3冠バトル”となる可能性もある。野田は「決勝となれば周りは全員凄い。コント師の方が強いし、もし霜降りが決勝にいても、3冠争いという間合いにはならないと思う」としつつ「KOCを優勝して、賞レースを離れたいですね」と、“お笑い王”になることを狙っている。

 【マヂカルラブリー】
 ◆野田 クリスタル(本名野田光=のだ・ひかる)1986年(昭61)11月28日生まれ、横浜市出身の34歳。ボケ担当。
 ◆村上(本名鈴木崇裕=すずき・たかひろ)1984年(昭59)10月15日生まれ、愛知県新城市出身の36歳。ツッコミ担当。
 吉本興業所属。07年2月にコンビ結成。野田の趣味は筋トレで、週5日のジム通いが日課。村上は一晩でレモンサワーを12リットル飲んだという逸話を持つ、大の酒好き。

 ▽キングオブコント 優勝賞金1000万円を懸けたコント日本一決定戦でプロ・アマ問わず参加できる。審査基準は「とにかく面白いコント芸」。過去の決勝戦では予選を勝ち抜いた10組が進出し、ファーストステージでネタを披露。3組がファイナルステージに駒を進め、2本のネタの合計得点が最も高い組が優勝となる。

【広告】

ましきでんち

高いバッテリー交換とは、

もうオサラバしましょう!!

大量仕入れにて実現した格安提供☆

満充電の状態で着いたその日から使用可!!


コメントは受け付けていません。