調子を取り戻した琉球ゴールデンキングス、連勝継続のカギは相手の外国籍選手へのディフェンス(バスケットボールキング)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:バスケットボールキング

■琉球ゴールデンキングスvs レバンガ北海道(@沖縄市体育館)
第1戦:2月6日18時5分 第2戦:2月7日14時5分

 4連勝を狙う西地区2位・琉球ゴールデンキングスに、結果次第では東地区の最下位脱出が見えてくるレバンガ北海道が挑む。

 琉球は再び調子を取り戻してきた。1月は一時、攻防両面がかみ合わず、チームで戦う姿が影を潜めたものの、前々節の滋賀レイクスターズ戦で今シーズン最小となる52失点に抑え快勝すると、前節の三遠ネオフェニックス戦でも2連勝を飾った。「ディフェンスファースト」(藤田弘輝ヘッドコーチ)なプレーを貫き、攻撃にも良い影響を与えて第2戦は今シーズン最多99得点を挙げている。

 一方、北海道は1月に4勝3敗とシーズン初の月間勝ち越しを決めた。その背景には4クォーターの攻防で流れを相手に渡さなかったことや、特別指定選手である山口颯斗の活躍もあったからだ。もちろん、そこからディフェンスを徹底できず、接戦を落とすなど痛い3連敗を喫したが、同地区9位の新潟アルビレックスBBと勝率で並んでいるだけに、今が最下位を抜け出すチャンスだ。

 今節、琉球は得点ランキング1位のニック・メイヨや司令塔のジョーダン・テイラーをまずはしっかりと止めたいところ。対する北海道は琉球のディフェンスを攻略できるか。メイヨら外国籍選手にオフェンスが偏ることなく、チームでボールをシェアし、リングへアタックしたい。

 また牧隼利と山口颯斗による筑波大の先輩後輩対決や、ベンチ登録は流動的だが琉球の特別指定選手、ハーパー ジャン ジュニアもホームに初登場することが予想されており、若手にも注目が集まる。

 文=大橋裕之

■ロスター
・琉球(ヘッドコーチ:藤田弘輝)
石崎巧
船生誠也
並里成
ナナーダニエル弾
ドウェイン・エバンス
岸本隆一
セドリック・シモンズ
田代直希
今村佳太
ハーパー ジャン ジュニア ※特別指定
満原優樹
小野寺祥太
キム・ティリ ※インジュアリーリスト
ジャック・クーリー
牧隼利

・北海道(ヘッドコーチ:宮永雄太)
橋本竜馬
ジョーダン・テイラー
牧全
葛原大智
中野司
多嶋朝飛
ファイ・パプ月瑠
桜井良太
中村拓人 ※特別指定
玉木祥護
内田旦人
山口颯斗 ※特別指定
ニック・メイヨ
ジャワッド・ウィリアムズ

【広告】


コメントは受け付けていません。