好ゲームが予想される大阪エヴェッサとサンロッカーズ渋谷の対戦、勝負のカギは外国籍選手の働き(バスケットボールキング)

出典元:バスケットボールキング

■大阪エヴェッサvsサンロッカーズ渋谷(@おおきにアリーナ舞洲)
第1戦:2月6日15時5分 第2戦:2月7日15時5分

 西地区4位の大阪エヴェッサと東地区3位のサンロッカーズ渋谷が対戦。両チームともに前節は東地区の強豪と互角の勝負を演じているだけに、今節も好ゲームが予想される。

 大阪は前節、東地区2位の千葉ジェッツを相手に第1戦で白星をもぎ取った。劣勢の展開で迎えた4クォーターでディフェンスでプレッシャーを強めて反撃に転じると、最終盤にディージェイ・ニュービルが勝ち越しの3ポイントシュートを決める逆転劇だった。2連勝は逃し、前々節の島根スサノオマジック戦では延長戦に持ち込まれて敗れた試合もあったが、徐々に終盤の堅守と勝負強さを兼ね備えるチームに仕上がっている。

 一方、SR渋谷は前節、同地区1位・宇都宮ブレックス戦を1勝1敗で終えた。1月29日にエースのライアン・ケリーが故障者リスト入りした中で迎えた地区上位対決であったものの、第1戦で全員で激しく仕掛けるディフェンスが威力を発揮し、勝負所ではベンドラメ礼生の活躍が光った。第2戦は落としたが、4クォーター終盤まで2連勝の可能性を見し、エース不在をカバーするチーム力の高さを印象づけている。

 今節、大阪はどのチームも手を焼く相手のディフェンスを突破できるか。ガード陣のボール運び、さらには宇都宮も苦戦したゾーンディフェンスを元SR渋谷のアイラ・ブラウンやジョシュ・ハレルソンを起用しながら崩したい。対するSR渋谷はニュービルを封じることが勝利への鍵となるだろう。関野剛平や渡辺竜之佑らがプレッシャーをかけ、チームで連動して大阪のオフェンスを止めていきたい。

 文=大橋裕之

■ロスター
・大阪(ヘッドコーチ:天日謙作)
伊藤達哉
エリエット・ドンリー
土屋アリスター時生
角野亮伍
藤本巧太
駒水大雅ジャック
高原晟也 ※特別指定
中村浩陸
橋本拓哉
合田怜
ディージェイ・ニュービル
アイラ・ブラウン
ギャレット・スタツ
ジョシュ・ハレルソン

・SR渋谷(ヘッドコーチ:伊佐勉)
関野剛平
ベンドラメ礼生
チャールズ・ジャクソン
西野曜
ジェームズ・マイケル・マカドゥ
渡辺竜之佑
野口大介
広瀬健太
石井講祐
山内盛久
ライアン・ケリー ※インジュアリーリスト
盛實海翔
田渡修人
八村阿蓮 ※特別指定

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。