楽天復帰の田中将大は2月下旬にも日本復帰登板へ(日刊スポーツ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:日刊スポーツ

マー君が、南の島へやってきた。楽天は5日、8年ぶりに古巣へ復帰する田中将大投手(32)が、沖縄・金武での1軍キャンプ第2クール初日の6日から合流すると発表した。田中将は自身のツイッターで「本日沖縄入りしました」と絵文字付きで発信。マスクに帽子姿で宿舎へ到着し、入り口で出迎えた立花球団社長、石井GM兼監督らとグータッチをかわした。

【写真】石井GM兼監督とグータッチをする楽天田中将大

ステップを踏む。1日のキャンプイン以降も連絡を取り合っていた同GM兼監督は「3月だけだと3、4回しか実戦が踏めない。それで間に合うか本人と相談します」と右腕の意思を尊重。「ただ、僕的には1度くらいこっちで投げてほしいなと思っています」と2月中の日本復帰登板を見込む。状態面の見極め、日本のボール、マウンドへの対応も含め「こっちにきていきなり合流してチームということは、僕自身もさせたくない」と当面は別メニューで調整を行う予定だ。

チームの対外試合初戦は13日ロッテとの練習試合(金武)で、今月中に11試合を予定する。順調に調整を重ねれば、23日の日本ハムとのオープン戦開幕戦(名護)以降、第4週の5試合のいずれかで登板する可能性が高い。国内最終登板は日本一に輝いた13年11月3日の日本シリーズ巨人戦。お披露目が待ち遠しい。

【広告】

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。