一平の書いた台本は却下/おちょやん8日あらすじ(日刊スポーツ)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:日刊スポーツ

女優の道を生き抜き「大阪のお母さん」と呼ばれた、女優浪花千栄子さんをモデルにしたNHK連続テレビ小説「おちょやん」(月~土曜午前8時)。京都の鶴亀撮影所から道頓堀に戻った千代(杉咲花)は、新しい喜劇の一座に参加することになりました。座長は天海一平(成田凌)ですが、最初は団員はバラバラでうまくいきません。千代らが必死となり、千之助(星田英利)らに参加してもらうことにはなりましたが、問題は山積です。各方面から寄せ集められた鶴亀家庭劇の行く末はどうなるのでしょうか。次回のあらすじを紹介します。

【写真】「おちょやん」登場人物の相関図

  ◇   ◇   ◇

千代(杉咲花)の新しい喜劇の一座は、一平(成田凌)を座長とする「鶴亀家庭劇」として船出をした。しかし、旗揚げ公演の稽古初日、一平の書いた台本は千之助(星田英利)に却下される。その上、代わりに千之助が書いた「手違い話」という台本で、しかも主役は千之助がやると言い出す始末…。さらに旧天海一座以外の劇団メンバーは、新派、歌舞伎、歌劇団の寄せ集めの役者だった。喜劇未経験の者たちでの芝居に不安は尽きない…。

【広告】

スノーボードウエアの激安・通販

モデルが作った激カワスノボウェアで

ゲレンデ注目の的



コメントは受け付けていません。